Web会議・テレビ会議などのクラウドサービスはV-CUBE

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

Sansan株式会社 様

遠方のお客様との商談に活用するとともに、より手厚いサポートが可能に。ビジネス戦略上の可能性が広がり、海外展開計画の前倒しも視野へ。

 
課題
  • 関東圏以外のお客様にもよりスピーディに対応したい
  • 遠方のお客様のサポート
決め手
  • サービスと会社、両方への信頼感
  • サポートと、遠方の見込み客との商談に毎日活用
効果
  • 全国を視野に入れられ、ビジネス戦略上の可能性が広がった
  • 「弊社にとってもお客様にとっても非常にプラス」
展望
  • ネックだったサポートコストがオンラインサポートにより解消
  • 「海外展開計画を前倒しできる」

インタビュー

Sansan株式会社、Sansan事業部マーケティング部部長 日比谷尚武氏に、V-CUBE セールス&サポート導入の背景、経緯、活用状況、そして今後の取り組みについて詳しくお伺いしました。

導入前のニーズ・課題

case12_01_img03.png

名刺データを組織で共有し、営業管理、SFA、顧客管理、CRMに活用することで、企業収益のアップとコストダウンを実現する、クラウド型の名刺管理サービス「Sansan」を提供するSansan株式会社。

業種や業態を問わず、名刺交換する法人営業であれば有用なサービスであることから、ベンチャーから数千人規模の大企業まで、すでに1,500社が利用しているという(2013年11月現在)。

世界的にも類がないサービスであることから注目度も高く、各地域の企業などから問い合わせを受けるものの、創業三年半の同社はまだ支店なども持たず、営業人員も限られているため、関東圏以外は簡単に往訪できないというのが実状。また、サポートを重視する同社では、販売後のことも考えると、これまで遠方のお客様へのアプローチは消極的にならざるをえなかったという。

導入の決め手、利用実績

case12_01_img01.jpg
Sansan株式会社 Sansan事業部マーケティング部部長 日比谷尚武氏

選定では、外資系や国内キャリア、フリーのWEB会議サービスを競合させた。その結果、トライアル時に得たサービスへの信頼感と、きめ細やかな対応が可能なサポート体制から、V-CUBE セールス&サポートに決定した。

同社Sansan事業部マーケティング部部長の日比谷尚武氏は「他社やフリーのサービスはサポート対応がなかったり、しっかりしておらず、トラブルが起きた時のことを考えると、営業活動で使うのは不安だった。サービスと会社、両方への信頼感が決め手となった」と理由を語る。

現在はサポートをメインとした既存客用に1ブース、遠方であったり、話だけでも聞きたいというような見込み客用に2ブースを設けて、ほぼ毎日使用しており、九州などと遠隔で商談して成約しているという。

導入効果

case12_01_img02.jpg
V-CUBE セールス&サポートを使った商談の様子

「遠方のお客様をフォローできるようになったことで、ビジネス戦略上の可能性が広がった。関東だけでなく、北海道から九州までを視野に入れて営業展開できるようになった」と日比谷氏は語る。

また、商談のスピードが上がり、人的リソースの面でも大きな効果があったという。「『Sansan』はWEBサービスなので、内容を電話や紙では伝えきれない。これまでは商談に行って、WEB画面を見ていただかなければならなかった。しかし都内でも片道30分はかかり、商談を入れると2時間は必要になる。それがオンラインでできるようになり、無くなった移動時間を、他のお客様に割けるようになった。商談の数が増え、距離がなくなり顔が見えることで密度も濃くなって、弊社にとってもお客様にとっても非常にプラスに働いている」と話す。

オンラインでの商談だけで成約するケースも出てきているというが、同社では「我々は売って終わりでなく、いかに使っていただくかが真に届けたい価値」といい、オンラインを活用した手厚い運用サポートにも余念がない。

今後の展望

英国、香港、シンガポールにも顧客を持つ同社。海外名刺のデータ化、スキャニングに対応しているほか、インターフェイスの多言語化も計画している。日比谷氏は「V-CUBE セールス&サポート導入で"フットワーク"が軽くなった。海外展開計画を前倒しできる」と期待を込める。

これまではサポート費用が海外展開のネックになってきたが、オンラインによる遠隔サポートが可能になったことで、問題は解消できた。今後はより積極的に海外展開し、販路を拡大していく方針だという。

※本事例は2011年5月に取材した内容を基に作成・掲載しております。
なお、三三様は2013年1月7日にSansan株式会社様へ社名変更しております。

取材後記

商談やサポートではお互いの顔が見える場合と見えない場合、同じPCの画面や資料を見ながら行える場合と行えない場合とでは、情報量が圧倒的に違う。これまでは電話しか手段がなかったので、電話対応でよしとされてきたが、実際は電話ではサポートにならない製品やサービスは数多くある。このSansan様のように誠実な顧客対応を自らに課す企業では、電話では充分なサポートができないと判断して、遠方からの問い合わせに消極的にならざるを得ないことも多いだろう。今回の導入事例はV-CUBE セールス&サポートにより、自社が設定したサポートレベルを遠方のお客様に提供できるようになったケースであり、距離という制約がなくなったSansan様の今後のビジネス展開にも注目したい。

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)

sansanロゴ
校名
Sansan株式会社
URL
http://www.sansan.com/
住所
東京都千代田区九段南4-7-15 JPR市ヶ谷ビル6F
業種
法人向けクラウドソリューション提供

先頭へ戻る