Web会議・テレビ会議などのクラウドサービスはV-CUBE

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

12月4日(金) 【大学・学校向け】成功事例でわかるアクティブラーニングの立ち上げから実践まで 〜「九州工業大学」と「かえつ有明中・高等学校」の事例をご紹介〜

2015.11.18

セミナーのお申し込みはこちら


本セミナーでは、学びやすい空間、使いやすい家具で大学や学校の学びをサポートしてきた
コクヨ株式会社が教育現場で培った多くの実績とノウハウの中から、アクティブラーニングの成功事例をご紹介します。

「大学」「中・高等学校」それぞれの現役教育者を招き、アクティブラーニングを立ち上げる際の経緯と、授業中リアルタイムで起こっている事象から、どのような意識・狙いで取り組み、どのような課題に遭遇しながら解決して運用しているか、日々の具体的な実践紹介をベースに語っていただきます。

ICTを活用した代表的な教育形態であるアクティブラーニングの実践に際しては、下記のような課題に直面する声を多く聞きます。

「アクティブラーニングを実践しているが、当初の狙い通りの活用がされておらず、
その原因がわからない」

「アクティブラーニングが必要であることは理解できるが、
どのような学習空間や設備を準備すれば良いかわからない」

アクティブラーニングの成功には、何が必要なのでしょうか?

グループワークを活性化させて、熱を持った “場” をつくり上げるためには「何を教えるか」という知識の内容や量だけでは足りません。「学生の主体的行動を促す」、「学生間でチームワークを醸成する仕掛け」といった新しい手法が必要となり、
その実現には、「学習効果を高めるための空間設計」と「新しいICT活用手段の確立」がポイントとなります。

「九州工業大学」と「かえつ有明中・高等学校」の成功事例をご紹介

大学の成功事例

アクティブラーニングの学習空間構築と運用に悩まれている大学関係者の方向け

九州工業大学 戸畑キャンパス MILAiS

九州工業大学 戸畑キャンパス MILAiS

2010年度からグループワークの導入と学生のアクティブラーニングを促進する環境整備を進め、グループワークの実践に向けた教員のためのワークショップや、学生のゼミ活動に活用。
2011年4月に、インタラクティブ学習棟“MILAiS”をオープン。現在は多様なグループワークの授業の場としてはもちろん、学生の自学自習の場(ラーニングコモンズ)としても活用しています。
今回、設置に至る学内の思考と意思決定までの流れと、MILAiSの実践・活用事例をご紹介いたします。

中学校・高校の成功事例

「思考力・判断力・表現力」が合否判定の基準に加わる大学入試改革を控え、アクティブラーニングに急速に関心が高まっている小学校・中学校・高校関係者向け

かえつ有明中・高等学校

かえつ有明中・高等学校

新しいタイプの新・進学校を目指し注目を集める、東京臨海副都心の中・高等学校。情報センター「ドルフィン」では、コンピュータ教育と図書館教育を融合した総合的な情報リテラシーを養成。アクティブラーニングを取り入れ、グローバルな視野と論理的思考を育成しています。
実践により培われた、中・高等学校のアクティブラーニングのあるべき姿を解説いたします。

 


多数のアクティブラーニング空間を手がけてきた「コクヨ」と、ビジュアルコミュニケーションを活用した遠隔教育提案のトップランナーである「ブイキューブ」が、アクティブラーニングを総合的に成功に導く方法を提供する、必見必聴のセミナーです。

今回は無料Webセミナーです。
他校の現場を見学するには手続きや移動時間などに労力を要しますが、オンラインなら、自席にいながらそのノウハウを習得することができます。

ぜひ、ご参加ください。


■日程

2015年12月4日(金)15:30~17:00(接続開始15:20~)


■プログラム

1. 九州工業大学 進化する未来型インタラクティブ学習教室MILAiS(ミライズ)事例紹介
講師:九州工業大学 宮浦 崇 氏

2. かえつ有明中・高等学校 アクティブラーニング実践事例紹介
講師:かえつ有明中・高等学校 佐野 和之 氏

3. アクティブラーニング向け、コクヨ新製品やブイキューブのソリューションご紹介

4. 質疑応答

※講演内容は、予告なく変更になる場合がございます。



■講師

九州工業大学 教育高度化推進機構学習教育センター 准教授 宮浦 崇 氏

九州工業大学 教育高度化推進機構学習教育センター 准教授
宮浦 崇 氏

立命館大学教育開発推進機構講師を経て2012年より現職。同センター教育・FD支援部門長。工学研究院兼任。専門は高等教育開発、社会政策論。アクティブラーニング促進のための学修環境の整備と運用、FD支援を担当。大学教育学会、高等教育学会、公共政策学会等所属。

かえつ有明中・高等学校 教育統括部長 佐野 和之 氏

かえつ有明中・高等学校 教育統括部長
佐野 和之 氏

理科 教員歴22年(10年間進路指導担当)
「サイエンス科」「プロジェクト科」といったかえつ有明独自の科目を担当する。中・高生と企業・地域・農家・NPOなどが連携した授業を数多く創作してきた。また、全国各地で教員研修や企業研修の講師をつとめる。

 


■開催形式:

Webセミナー(インターネットのLive中継)で開催します。
インターネットがつながる環境であれば、貴社会議室や自席パソコンなど「全国どこからでも」ご参加いただけます。

■参加方法:

普段お使いのパソコンや、スマートフォン・タブレット端末※で参加が可能です。

(1)お申し込みをされたお客様には、Webセミナー受講の為の動作環境をご案内しますのでご確認ください。
<視聴環境チェックサイトは こちら

(2)セミナー開催の前日に、当日セミナーに参加するためのURLをお送りします。
(3)セミナー開催の10分前(15:20)になりましたら、URLにアクセスしてご参加ください。

※ スマートフォン・タブレット端末から参加する場合は、専用アプリ「V-CUBE セミナー モバイル」(無料)が必要となります。


■開催場所:オンライン開催 (視聴参加お申し込みは 「お申し込みはこちら」 ボタンからどうぞ)

■参加費:無料

■主催:コクヨ株式会社

■共催:株式会社ブイキューブ

お申し込みはこちら


<参加の流れ>

(1)お申し込みをされたお客様には、Webセミナー受講の為の動作環境をご案内します。事前登録完了メールに記載されている内容をご確認ください。
(2)セミナー開催の前日に、当日セミナーに参加できるURLをお送りします。
(3)セミナー開催の10分前(15:20)になりましたら、URLにアクセスしてご参加ください。

<Webセミナー参加イメージ>
Webセミナー参加イメージ

過去開催されたWebセミナーの一場面
「4月からすぐに始められる!大学のICT教育トレンドと最新事例セミナー 」2015月1月27日(約1分半)
※録画の映像表示まで時間がかかる可能性がございます。

<視聴環境チェック(セミナー前にご確認ください)>
実際に参加する予定のパソコンで、ご確認ください。

視聴環境チェック

<動作環境>

※画面中央の【セミナー配信受講者】が対象の動作環境となります。
http://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

<FAQ(よくある質問)>

Webセミナー参加に際して、よくお寄せいただく質問をまとめました。
【Q】 どうやって参加するの?
【A】 専用ソフトウェアをインストールする必要はございません。
(1)お申し込みされた方に、セミナー前日に当日ご参加いただける招待URLをお送りします。
(2)セミナー開催10分前になりましたら、URLにアクセスしてご参加ください。

【Q】 何を準備したらいいの?
【A】 以下の3つがあれば、参加できます。
(1)インターネットに接続できる環境
(2)パソコン、またはスマートフォン・タブレット端末(専用アプリあり)
(3)イヤホンなど(映像・音声を受信するため)
※マイクやWebカメラなどは必要ありません。

【Q】 自社のネットワークが厳しいため、参加できるか不安。
【A】 事前にご参加いただく環境で、視聴できるか確認できます。
視聴環境チェックサイト
http://ondemand.seminar.vcube.com/checker/

【Q】 スマートフォンやタブレット端末からも参加できますか?
【A】 ご参加可能です。専用のアプリ(V-CUBE セミナー モバイル:無料)をダウンロードしてください。
iPhone / iPad用アプリケーション:
https://itunes.apple.com/jp/app/id528538128
Android用アプリケーション:
https://play.google.com/store/apps/details?id=air.jp.co.vcube.mobile.Seminar

その他、ご不明点ありましたらご気軽にお問い合わせください。

お申し込みボタン

先頭へ戻る