緊急対策ソリューションで災害現場の今を情報共有

新しい情報共有の仕組みにより
災害時のオペレーション力を強化

双方向でリアルタイムに情報共有、
緊急時の初動から収束まで、
対策のスピードと質が向上!

災害発生時にこのようなお悩みは
ございませんか?

最新情報がひと目でわからない…

  • どれが最新情報かが分からない…
  • 情報内容が正確かどうか分からない…

災害対策本部内では、電話やFAXで集めた情報や印刷したメールを、都度関係者が集まって共有するため、どれが最新の情報か分からない。また、情報伝達が口頭や人づての場合には、正確に伝わらないことがある。

一斉に共有することができない…

  • 情報の共有までの工程が冗長…
  • 情報収集〜共有の手段の集約が困難…

現場の様子を伝える際に、写真を撮影し本部に報告するが、本部から関係各所にメールやFAX・電話などを使って伝えるため、一斉共有できない。 各所における情報の収集手段も様々で、集約が難しい。

同じ情報をすぐに見ることができない…

  • 集約された情報を現場では見れない…
  • 同状況の把握にラグが生じる…

情報は本部のホワイトボードにまとめられるが、支部や遠隔地からはホワイトボードが見れないため、情報の理解に齟齬やタイムラグが出る。

そのお悩み、
緊急対策ソリューション
解決します!!

リアルタイムな
映像共有が可能!

  • リアルタイムの状況把握!
  • 低帯域でも安定した情報共有!

音声・資料・映像をリアルタイムに共有し現場を正確に把握。また、タブレットやスマートフォンで、災害発生の現場からLIVE中継による共有・指示が可能に。

情報を集約して
一つの画面上に表示!

  • 状況の俯瞰的把握に!
  • 書類データの共有も可能!

被災・救援状況などの地理情報・Excelなどの集計情報も併せて視覚化、共有。複数の情報を同時に表示し、簡単に比較検討ができるため、より精度の高い対策を練ることができます。

複数人による
同時オペレーション!

  • PC、タブレットからも情報確認!
  • 遠隔地でも瞬時に情報を共有!

離れた場所にいる職員も情報を確認できるので、視覚化した情報を大勢の関係者で共有できます。共有された画面に紙に書くような感覚で書き込み、拠点間の情報格差による食い違いを無くす事ができます。

xSync Prime Collaborationのご紹介
(動画:2分1秒)

xSync Tableのご紹介
(動画:2分28秒)

災害発生の混乱時は、意思決定のスピードと質が重要

防災対策においては、地震・津波に限らず、近年増加傾向にある
台風、ゲリラ豪雨、 土砂災害、火山噴火等の あらゆる自然災害に対応するため
迅速に状況を把握できる 情報網の整備が求められています。

コミュニケーション手段が違うと、情報共有に時間がかかる

コミュニケーション手段が違うと、情報共有に時間がかかる
コミュニケーション手段が違うと、情報共有に時間がかかる

緊急対策ソリューションなら、
双方向でリアルタイムに情報共有し、
初動から収束までのスピードが格段に向上

コミュニケーション手段が違うと、情報共有に時間がかかる

ブイキューブの緊急対策ソリューションについて
下記フォームよりお気軽にご相談ください。

サポート画像

お電話での問い合わせは
0570-03-2121
(受付時間 平日10:00〜18:00)

Web会議のクラウド市場で11年連続シェアNo.1。規模・業種を問わず幅広く選ばれ続けています。
シェアNo1 導入企業5000社以上 クラウドランキングベストサービス

災害時の効果的な情報共有については
ブイキューブにご相談ください!

サポート画像
0570-03-2121
受付時間:平日10:00〜18:00

お問い合わせフォーム

下記のフォームに必要事項をご入力の上、「問い合わせする」ボタンを押してください。
必須マークは必須項目ですので、もれなくご入力ください。

PAGETOP