Web会議・テレビ会議などのクラウドサービスはV-CUBE

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

V-CUBE セミナー Ver.4.4.0.0 リリース内容

2015.03.31

(1)サービスリリース日(日本時間 GMT+9時間):

 2015年3月31日(火)


(2)対象サービス ※括弧内は略称:

 V-CUBE セミナー Ver.4.4.0.0 (SEM)


(3)リリース内容:

※ここではV−CUBE Oneのみ対象の場合は【Oneのみ】、V−CUBE One以前の従来サービスとV-CUBE Oneの両方が対象の場合は【One含む】と表記しています。


■【One含む】ビデオストリーミング配信方式の追加
・FMLE(Flash Media Live Encoder)を直接利用して、ホワイトボードやチャットなどは付属せず、映像・音声配信のみに特化したライブ/オンデマンド配信機能を追加します。
・受講者は、モバイル視聴においては、HTML5対応のブラウザにて閲覧できるようになります。V-CUBEセミナーモバイルアプリを使用しません。
・閲覧時に回線環境によってビットレートの調整を行う自動ビットレート調整が追加になります。
・ライブ配信中、シークバーの操作により任意の時間巻き戻った配信内容を閲覧できるタイムシフト再生が追加になります。
・HLS(HTTP Live Streaming)と Smooth Streaming の技術によりウェブサイト閲覧と同じ80番ポート/443番ポートで閲覧できます。
 但し、ライブ配信における講師拠点については1935番ポートも使用します。

<注意事項>
・本機能の利用に際して、追加費用は発生しませんが、オプション申込が必要となります。
・本機能では、講師拠点用の配信用画面(講師プレイヤー)は提供いたしません。
・本機能では、ホワイトボード、チャットなどの主機能、さらにセミナー中のアンケートや、講師切替えや、レイアウト変更などの付加機能において利用が出来ないものがございます。

SEM_4400_2.png


本アップデート関連サービス一覧

Webセミナー・オンラインセミナーのV-CUBE セミナー
国内最大規模の10,000拠点まで同時配信可能な資料同期型セミナー。

先頭へ戻る