井岡 康之

井岡 康之

いおか やすゆきIOKA YASUYUKI
2011年 入社職種:プリセールスエンジニア勤務地:白金オフィス

提案の初期段階では、お客様の中にキーワードだけがいくつかあり、明確な要望になっていないことがよくあります。プリセールスエンジニアはその段階から関わり始め、要望を整理しながら、お客様にとって価値がある結論に導いていきます。受注後もシステムエンジニアやサーバエンジニアと連携しながら、プロジェクトを推進します。お客様が利用を開始してからも、問合せがあれば対応するので、タイミングにより関わる濃度に差があるとはいえ、ほぼ全ての過程に携わっているといえます。ブイキューブが提供するサービスの中で関わらないサービスはありませんので、守備範囲が広く何でもこなすポジションです。加えて、社内外での交渉が求められるので、それに耐えうる知識と経験を身につけなければならない難しさがあります。

お客様の課題を解決できるSEを育てていくことです。私は大学卒業後、大手企業でプログラマーとしてキャリアを始めました。その後、エンジニアとしてプリセールスから運用まで幅広く経験し、ブイキューブに転職しました。そのようなキャリアを積んできたからこそ、ブイキューブに新卒で入社した若手の社員に伝えられることがあると思っています。一つは大手企業の文化。一担当者が新しい製品を導入したいと意見を出すのがどれほど大変か、私は身をもって経験しています。ブイキューブの顧客となりうる大手企業の担当者の方々がどのようなことを考えているのかを想像し、対策を提案できるような担当に育てあげたいと考えています。加えて、プログラマーとしての経験もSEの業務に非常に役立っています。これまでSEグループでは業務でプログラミングをすることはありませんでしたが、継続的にプログラミングをする機会が生まれつつあります。この機会を活用しながら、プログラミングの知識も持ち合わせた高いスキルのSEを育てることも私の目標です。

技術の進歩は早いので、自分の成長が止まればすぐに置いていかれてしまう世界です。だからこそ、いかに貪欲に頑張り続けられるか、努力できるかが最も大切だと考えています。例えばプロ野球選手は、2~3時間、試合に出るために鬼のように練習・準備をしていますよね。ビジネスパーソンも同じと考えています。仕事の場に入るまでにいかにスキルを磨いておくことができるかが重要ではないでしょうか。SEはお客様に相対してより価値を高める意見をし、お客様や社内の人たちに納得してもらい、意見を受け入れてもらえる存在でなければなりません。そのためにも、自分の専門性やスキルを磨き続けていくことが欠かせないですね。

1日のスケジュール

10:00出社
出社、メールやチャットをチェックします。
11:00お客様との定例会議
お客様と営業との打合せにV-CUBE ミーティングで遠隔参加。
12:00営業との社内会議
お客様への提案内容について事前打合せ。
14:00お客様先へ訪問
営業に同行して、提案を技術面からサポート。
17:00自席作業
グループメンバーが作成した提案書・資料・見積をチェックし、フィードバック。
20:00退社
お疲れ様でした。通勤時間は読書にあてます。

休日、プライベートのこと

読書や勉強をすることが多いです。他にも、興味をもった技術を実際に試してみたりします。基本的にインターネットの情報は鵜呑みにしません。ネットにある情報そのままでは、実際にやってみるとPC上で動かないことも多いので、自分でトライ&エラーを繰り返し、腹落ちするまで考えることが大切だと考えています。

AIに関わる技術に興味を持っています。大学時代の研究もニューラルネットワークをテーマに研究していました。今後は自動学習や統計学の知識が役立つと思うので、そういった分野にも知見を広げていきたいですね。

学生時代の取り組み

中学から高校1年生までは部活動でバスケットボールをしていましたが怪我で断念しました。その後に熱中したのはバイクですね。大学ではお金を稼がざるを得ない事情ができて、アルバイトに力を入れていました。家庭教師とコンビニのアルバイトをかけもちしていた頃はかなり稼いでいましたね。

小学校の頃からパソコンに触れ始め、中学・高校時代にはプログラミングもやるようになりました。その流れで大学では情報工学を専攻していたので、自然とプログラミングが仕事になればいいなと思っており、エンジニア職で就職活動しました。就職氷河期と言われていた時代だったので非常に苦労しましたが、プログラマーとして採用してもらえた会社に決めました。