main.jpg

伊藤 基靖

いとう もとのぶMotonobu Ito
2014年 入社職種:インフラエンジニア勤務地:白金オフィス

大学を卒業して最初のキャリアは、エンジニアではなく金融機関での営業職からスタートしました。働くうちに、自分には何か手に職をつけてモノをつくる仕事の方が向いているのではないかと感じて、エンジニアにキャリアチェンジしたんです。学生時代は文系の学部でしたが、個人的にWebサイトを制作していたこともあってITやWebには興味を持っていて。エンジニアに転向した当初は技術的な用語も全く知らなかったので、とにかく実務を通して勉強しました。
前職では開発エンジニア・インフラエンジニアどちらも経験したのですが、サービスを動かす根底をもっと知りたいと思い、ブイキューブにはインフラエンジニアとして入社しました。現在は、当社が利用しているデータセンターのファシリティからネットワーク・ハードウェア・OS・ミドルウェアのインストールや構築管理・運用、パブリッククラウドを利用したインフラの構築・サービスの運用を担当しています。最近では新しい技術の調査などにも携わっています。

ブイキューブ製品のインフラ基盤の切替に携わったことですね。基盤を作り替えるにあたり、設計から携わりました。新たな基盤はブイキューブで導入したことがないものだったので、勉強会で情報収集したり、サービスのパフォーマンスやセキュリティをさらに向上させるにはどうすれば良いか考えたり。約4ヶ月という短期間でのミッションでスピードも重要でしたので、グループ全体で協力しながら進めました。その場しのぎで設計してしまうと、数年後に作り替えることになった場合などに非常に苦労することになります。未来のことも考えて設計する重要性と責任を感じたチャレンジでしたね。

海外案件も増えているので、英語は習得していきたいです。海外子会社の方や、海外のベンダーとコミュニケーションがとれるようになっていきたいなと。業務上で英語を使うケースが出てきたので、勉強だけでなく実践の機会があるのは、大変ですけど良かったなと思います(笑)新しい技術の情報収集をする際にも英語の文献を読むことがあるので、活かせる場面は多いなと感じますね。
仕事をする中で、新しいことにチャレンジできる機会は自分にとってもモチベーションが上がります。今後、さらに障害に強いインフラを作る上で、新たな技術の導入が会社にとってもお客様にとっても、良い結果をもたらすのであれば、積極的に携わりたいと考えています。上司の皆さんが新しい挑戦に寛容なので、それはとても有難いですね。

1日のスケジュール

10:00出社
今日のスケジュール、タスクを確認
11:00デイリーMTG
昨日おこなったタスクや今日の予定を共有
12:00サーバールーム
サーバーのメンテナンス作業
15:00来社対応
新しいサービスについて情報収集
17:00チーム勉強会
メンバーがそれぞれ勉強している内容を共有したり、外部勉強会の内容をレポート
19:00退社
お疲れ様でした!帰宅したら娘の寝かしつけ!

休日、プライベートのこと

Amazon Fire TV Stockを利用して動画配信サービスでドラマやアニメを観たり、自宅でお酒飲むのが好きですね。昨年、娘が生まれてからは、休日はもっぱら娘と遊ぶことが多いです。

高校時代から楽器の演奏に興味があったので、大学では軽音楽部に入ってベースを演奏していました。オリジナルのバンドを組んで都内のライブハウスで演奏したこともあります。社会人になってからもベースは時々弾いています。

ブイキューブに決めた理由、現在

ブイキューブは転職活動を通じて知ったのですが、中途入社の社員でも新しいことにチャレンジできそうだと感じたこと、面接に出てきた社員の印象が良く自分と合いそうだと感じたことが入社の決め手でした。

現在は「コンテナ型仮想化」に興味を持って勉強しています。個人的な考えではありますが、お客様により早くサービスを提供したり、障害に強いプロダクトを作る上で何か役に立つのではないかと思い、注目しています。