main.jpg

岩上 蘭

いわかみ らんRan Iwakami
2009年 新卒入社職種:開発エンジニア勤務地:白金オフィス

私は入社当初から1対Nでのリアルタイムな映像配信やコミュニケーションができる「V-CUBE セミナー」の開発・運用を担当しています。直近では、プロダクトの基盤となるネットワークプロトコルに従来のRTMPだけでなく、HTTPを利用した方法も追加する機能開発に携わるなど、「より安定した配信」を目指してさらなる新機能拡充と品質向上にチャレンジしてきました。
他にも、一緒に働くメンバーがより開発しやすくなるような開発フローの改善にも取り組んでいきたいと考えていました。開発しやすい、良いものをつくりやすい方法・体制を追求するとチーム全体の製品への愛情も増えてくると思っていたんです。その一つとして私たちのグループでは「スクラム開発」を取り入れました。「スクラム開発」は作業の工数見積もりの精度があがったり、短期間でのアウトプットの増大が見込めます。自立的なチーム作りにもつながり、問題の検知や軌道修正も早くなり、結果的に、部署全体での導入につながりました。自らアイデアを出して行動に移せる環境があるからこそ常に新しいことにチャレンジできるのだと思います。

チームが一体感をもってやれたときですね。小さなことですが、リリーススケジュール通りに進めることができたり、「三人寄れば文殊の知恵」ではないですが、メンバーが集まって考えたことで良い仕様のアイデアが出てきたときには、チームの一体感を感じます。
あとは、やはりお客様から良いフィードバックをいただけたときでしょうか。私たちはフロントに立つ営業ではないので、直接声を聞く機会はないですが、リリース後に営業を通じてお客様からあたたかい言葉をいただけると、やりがいを感じますね。直接声を聞けなくても、サービス稼働状況の確認の中でログを監視・解析することがあります。そこで、新しくリリースした機能が問題なく動いていることを確認できることも嬉しいですが、解析したことで、「お客様が利用する中で新しい機能が積極的に活かされている」「ここはもっとこうできた!」という発見もあるので、それは次の機能拡充や改善につなげて、常により良い製品を追求していきたいですね。

「今日の常識は、明日の非常識」。Web系の業界はとにかく技術やトレンドの流れが早いんですね。今はグループマネージャーを拝命しているので、その早い流れの牽引役でいなければいけません。そのために、新しい技術や取り組みに触れる時間を意識的に取るようにしています。半分遊びにみえるようなことでも、触ってチャレンジして・・蓄積して・・ということを常日頃からやっていますね。流れが早いからこそ、「遠い先」ではなく「今」、そして「ちょっと先」を見ることを大切にしています。まずは目の前のことをやり抜き、走り抜くこと。目の前のことをただこなすのでではなく、全てを成長につなげること。この積み重ねを大事にしていきたいですね。

1日のスケジュール

09:00出社、自席で作業
メンバーがまだ出社していない朝の時間を活用し、プロジェクトの進捗確認や問い合わせ内容の確認をおこなう。
11:30デイリースクラム
本部内で同じプロダクトに関わるメンバーと情報共有。
13:00ランチ
自席でお弁当を広げてランチ。
15:00定例グループMTG
グループ内での1週間の動きを共有したり新しい技術に関する情報を共有。
18:00セミナー配信
大規模な配信がある場合は、現場からの問い合わせなどに備えて社内で待機。即時対応ができる準備を整えている。
20:00退社
帰宅後も、同じエンジニアである家族との会話を大切にしています!

学生時代の取り組み

小学校5年生から社会人3年目までバトミントンをやっていました。特に大学時代は、体育会系のバトミントン部に所属していました。当時は遊ぶ時間と睡眠時間を削ってでも、学業とバトミントンに時間を費やしていましたね。基本的に体を動かすことが好きです。

実は学生時代に教育情報工学の研究の一環でシンガポールと日本とを遠隔でつないでコミュニケーションをすることがあり、そのときに使ったのがブイキューブの「nice to meet you」(現・V-CUBEミーティング)だったんです。先進的なシステムで興味を持ちました。当時は触れることがなかったのですが、教育を学んでいたので1対Nの情報発信にも興味があって、V-CUBEセミナーに携わってみたいなという思いがありましたね。

ブイキューブに入社して

休日は主人と愛犬2匹と共に過ごすことがほとんどです。みんなで一緒に車に乗って、大きな公園や大自然に囲まれたキャンプ場に訪れたり。気づいたら動いていることがほとんどなので、あまり止まっている時間がないですね。

HTTPを利用したセミナー配信のバックボーンとして、リアルタイム同期型データベースに着目しています。V-CUBEセミナーの主催者や参加者が、映像だけではないチャットやアンケートなどでのコミュニケーションを実現したいと考えていて。参加者は大多数に及ぶので、ただの単発の通信で同期することは困難ですが、新しい技術を取り入れながら実現できたらいいなと思っています。