main.jpg

生田目 優希

なまため ゆうきNAMATAME YUKI
2010年 入社職種:プロダクトマネジメント勤務地:白金オフィス

新しいプロダクトや機能をつくることが決まり、「さてこれを実現するにはどうしようか」と考え始めるところからが私たちの出番です。開発エンジニアと相談しながら実際のアプローチを考え、スケジュールや人員をマネジメントして、必要な決め事を調整します。実際に生まれる機能の詳細についてはエンジニアだけでなく、SEや営業など多様な部門との調整の上で決まってくるものも多いため、優先順位や認識に齟齬が生まれないよう、常にアンテナをはりながら「落としどころ」を探すのも重要なミッション。モノを売る人とモノをつくる人の間に立って全方向的に調整する役割といえます。

サービス障害等、様々なトラブルの解決にも関わるのですが、この場合はSEやカスタマーサポートなどお客様の課題を直接聞く人とモノをつくる人の間に立って調整します。お客様の課題を開発エンジニアに伝わるように変換し、開発エンジニアが調査した結果をお客様が理解できるように変換する。それぞれが理解しやすい言語に翻訳しているというイメージでしょうか。

極端な話、私たちがいなくても業務は進みます。でも、より良いものを、できるだけ効率的に行うにはどうすれば良いか考えて実行する私たちがいることで、組織をより強くできると考えています。 私たちの役割を明確に定義するのは難しいですが、何者でもないからこそ、何者にでもなれる可能性がある。それがこのポジションの面白さかもしれないですね。

私たちは常にお客様の課題を解決していますが、直接お客様と話す機会はあまり多くなく、営業やSEを通じて把握することがほとんどです。人を介して話をする分、「これはどういう意図なのか?」と読み解いたり、「私たちがこう伝えることで、SEや営業はどう受け取るだろうか?」と先の先まで想像して考えなければなりません。状況は刻一刻と変わっていきますし、一つの課題だけやっていられる状況でもない。コミュニケーションのチャンネルが多い分、複雑なことも多いので、正直難しいことばかりです。でも、その結果、「お客様から求められているものを出せた!」という達成感も得られます。これはエンジニアというよりもフロントの営業やSEの感覚に近いかもしれませんね。

ブイキューブはスピードを重視する会社です。人も、組織もとても流動的です。その変化していく環境の中で、常にその時のベストを出せるような流れを作り出したいと考えています。そのためにはより広範囲で効率化することが重要です。単に開発工程を効率化するだけでなく、フロントに出ている営業やSEの人たちと一緒になって現場により近いところでより良い方法を考えられるようにしたい。社内の多方面の部署に働きかけられるのは私たちのポジションだからこそできることだと思うので。

私が入社した7年前と比べるとずいぶん社員が増え、役割分担が進みました。そのような中でも、それぞれの部門がさらに積極的に関わりあうことができれば、より魅力的な組織になるのではないかと思っています。仕事で常に先読みしてコミュニケーションを取っている強みを活かして、ぜひチャレンジしたい課題ですね。

1日のスケジュール

08:00子供を保育園へ
送りは父の担当です。
10:00出社
まずはメールのチェック。
11:00チームミーティング
グループ単位ではなくチームごとにミーティングをすることで、意見を出しやすくしています。
15:00他部署とのミーティング
カスタマーサポート担当と障害について共有。
16:00個別に受けた質問や相談に対応
営業からのチャットでの質問、グループメンバーからの相談に回答。
18:00帰宅
今日は保育園のお迎えも担当なので早めに帰ります!

休日、プライベートのこと

海外の雑貨・古着・玩具の収集が趣味です。物を集めるのは得意なのですが手放したり整理するのが非常に苦手で、いつも置き場所との戦いです(笑) 昨年子供が生まれてからは、子供と一緒に過ごす時間を大切にするようにしています。(これを機にだいぶ断捨離というか、物を減らす努力もしました笑)ブイキューブの制度を使うと働く場所も時間も融通が利くので、子供と過ごす時間はしっかり確保出来ていると思います。

最近という訳ではありませんが、チームマネジメントには常々興味を持って情報収集しています。開発のためのより良いチームマネジメントはこれからも追求していきたいですね。

学生時代の取り組み

学生時代からバンド活動をしています。社会人になってからも続けている、と言うより社会人になってからの方が活発にやっていたと思います。最近は子供が生まれてやや下火ですが、今後も続けて行くと思います。

当初は公務員志望でUターンもある程度視野に入れていましたが、自分がそうやって働いて行くイメージがどうしても持てずに振り出しに。当時趣味でサイト制作などを行っていたのがきっかけで、これを仕事に出来たらな、という思いから最終的にはWEB制作の仕事に就きました。