main.jpg

坂田 正樹

さかた まさきSAKATA MASAKI
2011年 入社職種:サーバーエンジニア勤務地:白金オフィス

ブイキューブは、まだまだベンチャー風土。だからこそ手を広げれば広げただけ、やれることが増える実感はあります。お客様の要望を実現するにはどうすればよいかを考え、他社製品やOSSも積極的に調査・活用して提案・構成に組み込むことも出来ます。そのため、自社製品はもとより多種多様な情報を持ち続けることが欠かせません。これは、ブイキューブ社内では各種検証を実施できる環境や、開発エンジニア達にすぐ相談できる体制があるから実現できていると思います。前職は大手企業に勤めていましたが、比較して考えると、組織が縦割りになっていないので、関係する各部署と距離感が近く仕事ができているなと感じます。また、機材にいつでも触れることができ、お客様の要望に対しても柔軟に対応できるのは魅力的だなと感じますね。

「発想の豊かさ」が大事だと思っています。「発想の豊かさ」というのはすごいアイデアを出すということではなく、いろんなアイデアを出して目標をクリアできる力という意味合いです。例えるならば、同じ通勤ルートを使っていても日々の変化に気がつけるとか、常に色んなものにアンテナを張って気づきを得られるようなものだと思っています。クラウドサービスとは異なり、お客様環境内へシステム導入をする場合は大小様々な要望が出てきます。それらの要件を汲み取り、着地点を探って実装・納品へ持っていくためには、正攻法だけではないアプローチも含めどれだけ考えて最適解を出せるかが肝心で、そのために発想力が必要だということです。新しい情報を収集したい、新たな刺激がほしいと思う源泉は人それぞれだと思いますが、私の場合は知的好奇心が根底にあります。これは学生時代から変わっていない。できないことよりできることを増やしたい、人より多くの情報を持っていたい、という欲求が強いのかもしれませんね。

チームとして対応できることを増やしたいと考えています。現状は、Web会議システムで言えばサーバー構築を担当していますが、ゆくゆくはクラウドアプリの構築やカスタマイズにまで対応範囲を広げたい。そのためには、メンバー全員が、開発エンジニアと同じ目線にたって、お客様の要望を噛み砕けるようになることが必要です。組織も大きくなってきたとはいえ、まだまだ小さい企業だからこそ、一人ひとりが”広く深く”対応できることが大事だと考えています。社内においては、”このチームに任せておけば安心”と言われるくらいになりたいですね。そのためには、まずやってみることが大切。私を含め、一人ひとりのチャレンジこそがナレッジとなって、一人ひとりの成長やチーム、会社の成長につながると信じています。

1日のスケジュール

10:00出社
メールやチャットをチェック。
11:00社内打合せ
新規案件について、グループ内のメンバーと進め方を協議。
13:00お客様との打合せ
プリセールスチームと営業が訪問先から、他のメンバーは遠隔参加で、V-CUBEミーティングでの打合せをします。
14:00グループ定例会議
グループマネージャー、チームリーダーとの定例会議。各チームの新規案件や進捗を共有。
15:00サーバ構築作業
自席で納品用サーバの構築や構築済みサーバの動作検証結果確認を行います。
18:00勉強会
週に1回、グループのレベルアップを目的にした勉強会。持ち回りで関心のある技術を発表します。

休日、プライベートのこと

散歩をするのが好きです。同じルートでも毎日発見がありますし、別のルートを歩いて見たことのないものを見るのもまた、自分の刺激になります。あとは衝動買いでしょうか(笑)最近はハイブリッド型イヤホンがお気に入りです。

インターネットで検索したり、興味のある技術やワードを探してTwitterでフォローしたりすることが多いですね。休みの日でも、ついついモニター見ている時間が多くなっていますね。

キャリアについて

前職ではSI案件のハードウェア構成と見積作成、簡易システム構築、システムトラブル対応、顧客要望のヒアリングと実現方法の検討など、幅広く担当していました。

勢いで購入したAmazon Echo Dotで遊んでいます。Raspberry Pi Wをホームゲートウェイにして、細かな実装部分はローカル、音声認識などリソースが必要な処理はクラウドというハイブリッドな仕組みが面白いです。