テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

チュートリアル(iOS用)

概要

この記事は以下の公式ドキュメントを翻訳したものです。

環境

Xcode9.0以上
iOS8.0以上の実機(iPhone or iPad)

STEP1.Agora Accountの作成とApp IDの取得

1.https://sso.agora.io/signup?source_id=3 からデベロッパー登録をします。

2.ダッシュボードから新規プロジェクトを作成します。

3.プロジェクト名を入力してSubmitボタンをクリックします。

4.作成したプロジェクトが一覧に表示されます。

STEP2.Agora iOS SDKの取り込み

Case1.pod経由

1.作成したプロジェクトのrootフォルダにて以下のコマンドを実行

$ pod init

2.PodfileにAgoraSDKの参照を追記

platform :ios, '9.0'
use_frameworks!

target 'Your App' do
  pod 'AgoraRtcEngine_iOS'
end

3.以下のコマンドを実行

$ pod update

4.参照するライブラリをインストール

$ pod install

Case2.SDKファイルを取得

1.ダウンロードページからiOS VideoSDKをダウンロードします

2.Xcodeでプロジェクトを開きます

3.Build Phasesタブを開きます

4.Link Binary with Librariesを開き、以下のライブラリを追加します

AgoraRtcEngineKit.framework
Accelerate.framework
SystemConfiguration.framework
libc++.tbd
libresolv.tbd
CoreMedia.framework
VideoToolbox.framework
AudioToolbox.framework
CoreTelephony.framework
AVFoundation.framework

追加前

追加後

STEP3.カメラ/マイクの設定

カメラ/マイクの利用を許可する為、info.plistを設定します

設定前

設定後

STEP4.ライブラリアクセスの設定

Objective-C
AgoraSDKを利用するファイルに以下を追記します

#import <AgoraRtcEngineKit/AgoraRtcEngineKit.h>

Swift
AgoraSDKを利用するファイルに以下を追記します

import AgoraRtcEngineKit

その他の設定

バックグラウンドでも利用するにはAudio, AirPlay, and Picture in Pictureにチェックします。

必要に応じてBitcodeの設定をします。

実装

SDKに内包されているサンプルか、APIドキュメントを参考に実装を開始します。

agora.io SDK イメージ
agora.io SDK

大規模・安価・すぐに使える
ライブ配信・ビデオ通話・音声通話SDK

 

先頭へ戻る