テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート
xSync に関するお問い合わせ・サポートはこちら

先生が使う機能

授業において、先生を支援する機能をご紹介しております。

教材投影 ー使いたい教材をすぐに投影ー

授業に必要な資料、教科書を、スキャナカメラで撮影。その場で電子黒板に投影できます。
授業準備のためにわざわざパソコンを使用して、事前に教材を作成する必要は全くありません。

教材投影
教材投影

ページトップへ

教材配信 ー生徒の端末に、教材・資料を送信ー

ドラッグするだけで教材や資料のファイルを生徒端末に配信でき、Uploadも可能です。お使いのデータフォーマットのまま運用することができます。

教材配信

ページトップへ

一斉招集 ー一括操作でスムーズな授業をー

電子黒板から授業に必要なタブレット端末を一斉召集して自動起動、接続することができます。

一斉招集

ページトップへ

巡回・監視機能 ー生徒の画面をリアルタイムで把握ー

生徒のタブレット端末の状況をリアルタイムで一覧出来る機能です。

巡回・監視機能

ページトップへ

操作ロック ー操作ロックで授業にメリハリをー

タブレット端末を一時的に’操作ロック’し、生徒側で操作ができないようにします。前に注目させたいときに便利な機能です。

操作ロック

ページトップへ

アプリ間共有 ー使い慣れたアプリでもファイル確認ー

配信したファイルをオリジナルのアプリケーションで開くことができます。

アプリ間共有

ページトップへ

シェード、クイックカバー ー画面の一部を、隠した状態で見せるー

教材の一部を、シェードで隠した状態で見せることができます。初めに子どもたちに考えさせてから答えを示すときや、前時の振り返りを行うときなどに使えます。

シェード、クイックカバー

ページトップへ

デジタル教科書連携 ーデジタル教科書がすぐ起動ー

ワンボタンでお探しのデジタル教科書が起動します。普通教室での「教育の情報化」を推進するための切り札がデジタル教科書です。そこで授業中にデジタル教科書の提示がスムーズに行えるように「デジタル教科書連携ボタン」をつくりました。

デジタル教科書連携

ページトップへ

拡大 ーワンタッチで教材画面拡大に対応ー

拡大のアイコン

教科書やノート、実物等部分拡大にワンタッチで対応、日常的に一番使う必須機能です。

拡大

ページトップへ

並び替え・グルーピング ー画面を並べて表示し、考え方を比較できるー

子どもたちの考えが多様だと一目でわかるように、比較画面を複数用意しました。並び替えやグルーピングも簡単で、サイズを変更したり、強調したい画面を拡大表示することができます。

並び替え・グルーピング

ページトップへ

画面書き込み ー電子黒板に、直接線や文字が描けるー

電子黒板に、直接、線や文字を書き込むことが出来ます。フリーハンドで好きなように書き込みが可能。大きな文字で、分かりやすく伝えることができます。

画面書き込み

ページトップへ

コラボモード ー2人同時に画面の操作ができるー

画面を見ながら2人同時に書き込み作業が可能です。拡大や画面のスクロールも簡単。先生と生徒、生徒同士などの組み合わせで、楽しく共同作業ができます。説明や討議などの際に、議論の見える化、話題の焦点化がしやすく、児童・生徒からの意見収集やアイディアの活性化に最適です。

コラボモード

ページトップへ

比較画面 ー画面を並べて表示し、考え方を比較できるー

子どもの考え、画面を選んで、並べて表示することができます。並び替えやグルーピングも簡単で、他の人の意見を比較し、クラス全体で「話し合う力」を引き出します。

比較画面

ページトップへ

アンケート ー操作ロックで授業にメリハリをー

アンケートをその場で行うことができます。生徒機で問題と選択肢を受信、先生機でリアルタイムで集計が可能です。集計結果はエクセル保存ができます。

アンケート

ページトップへ

画面メモ ー表示画面を保存して、「振り返り」ができるー

画面メモのアイコン

表示している画面を、ボタン一つで保存が出来ます。画面に書き込んだ内容も保存が出来るため、授業内容を振り返ることができます。

画面メモ

ページトップへ

Microsoft Office連携 ーOfficeのメニューから簡単に転送可能ー

Word,Excel.PowerPoint,Onenoteだけで、画像の送受信を行うことができ、資料を複数利用する場合の負担軽減します。
※Pro for Office(CBS-MSO-AC)のライセンスが必要です。

Microsoft Office連携
 

xSync Boardに
関するお問い合わせ

先頭へ戻る