テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート
xSync に関するお問い合わせ・サポートはこちら

株式会社Nagisa 様

2名で行うライブ配信アプリに「Agora.io」を採用
数万単位のスケール1秒未満の低遅延と低コストSDKを評価

株式会社Nagisa 様

スマートフォンのメディア事業として、100個以上の幅広いサービスをリリースし、これまでに累計3000万ユーザーを獲得。『構想はいつも、実現を待っている。』という創業理念をもとに、おもしろく、革新的で、実用性の高いサービスの企画、開発を手がけている。2018年1月、2名の配信者が双方向でビデオ通話している様子を、視聴者にライブ配信する新アプリ「101 LIVE!」をリリース。

    ■事業内容
  • メディア事業(スマートフォンアプリ)

■設立
2010年

2名同時のライブ配信をするアプリで
最重要視したのはリアルタイム性

複数による配信者のビデオ通話をストレスなくライブ配信できるスマホアプリ「101 LIVE!」が2018年1月にリリースされた。多くのライブ配信サービスが配信者と視聴者との間で5〜30秒程度ラグが発生する中、同アプリを開発・提供している株式会社Nagisaが、双方向のビデオ通話をライブ配信するための技術として20社ほど調査をした結果、遅延なくN対Nのコミュニケーションができるツールとして選んだのが「Agora.io」だった。

動画配信技術における課題

HLSの動画配信は遅延が発生

2名の配信者がリアルタイムでビデオ通話している様子を配信し、Twitter連携でコメントを投稿できるアプリでは、遅延は致命的な欠点となる。

一般的なWebRTCは同時接続数に限界

多くの視聴者を集めるサービスに成長させるために、数万人規模で同時接続できる環境を低価格で構築したいが、同時接続数の上限が低いWebRTCが多い。

自社で開発するには時間がかかりすぎる


遅延なくN対Nのビデオ通話を配信できるプラットフォームを自社開発するには、時間やコストがかかり、ニーズがあるかを判断するためのスピードに乗りきれない。

Agora.ioでこう解決!

1秒未満の遅延だから
まさに「生放送」

1秒未満の遅延だからまさに「生放送」

Agora.ioは、遅延が少ないため、複数の配信者のやりとりも、視聴者からのTwitter連携のコメント投稿も、ほぼリアルタイムで行われる。

一般的な動画配信で利用されるHLS、RTMPといったプロトコルを採用すると、その手順の関係で遅延が発生しやすいが、Agora.ioが採用している技術なら遅延が最小限に抑えられる。

数万人規模での同時接続が可能

数万人規模での同時接続が可能

一般的なWebRTCの同時接続数のスケールでは、多数の視聴者が接続するサービスに限界が生じるが、Agora.ioは数万人規模で視聴可能。

将来的にサービスが成長しても、多数の視聴者の参加が可能になる。また、現在のAgora.ioの技術で配信者も2名から17名まで対応できるため、テレビのトーク番組のようなMC主導のコンテンツ配信を見込むこともできる。

動画配信技術としては
低価格なSDK

動画配信技術としては低価格なSDK

CDNなどを利用して自社開発をするのに比べ低価格での導入および利用が可能。従量課金のため、サービス開始初期に視聴者が少なくても、現実的な価格帯となる。

要件を満たすために、プラットフォームの自社開発も検討したが、Agora.ioを採用したことで、開発の時間やコストを低減でき、スピーディーなサービスインが可能になった。

Agora.io選定のポイントは?

N対Nでも遅延しないリアルタイム性があるか?

ライブ配信とTwitter連携のコメント投稿を遅延のストレスなく行えること。

  • 複数の配信者のビデオ通話のやりとりが1秒未満の遅延でスムーズに行える
  • 視聴が放送中にリアルタイムでコメント投稿やアイテムを送ることができる

サービスが成長した際に対応できるスケール感であるか?

視聴者数や同時配信数が、現状より増えても対応が可能であること。

  • 視聴者数は数万人という大規模な同時配信が可能
  • サービスインの段階では同時配信者は2名であるが技術的には配信者を17名まで増やすことができる

お客様の声

N対Nのリアルタイム動画配信でやりとりする面白さの可能性を広げたい

古川 巧 氏

株式会社Nagisa
ディレクター 古川 巧 氏

2018年1月にリリースした「101 LIVE!」の開発では、2名の配信者のやりとりをいかに遅延のストレスなく行うかが最大のポイントでした。

1対Nの動画配信は、タイムラグがあってもさほど気になりませんが、配信者が複数になると、そのやりとりにおいて1テンポ遅延するだけでも面白さは失われてしまいます。また、視聴者からのコメントが配信者に届くのに5秒かかるのでは、配信者同士の次のやりとりもスムーズにいきません

通常は、配信者の映像をサーバーにアップし、サーバー上でマージして配信する方式ですが、どうしても処理が間に合わず遅延が発生してしまいます。

そこで、複数の配信者のやりとりを複数の視聴者に配信する“N対N”を遅延なく行える技術はないかと調べてたどり着いたのがWebRTCでした。

とはいえ、WebRTCは視聴者の規模に制限がある場合が多く、一時はプラットフォームの自社開発も検討していたところ出会ったのがAgora.ioでした。いざ開発段階を迎えた際に、実装に自信がない部分もあったのですが、ブイキューブのサポート宛のメールにコードを貼り付けて質問すると、的確な回答があるなど、安心して開発を進めることができました。

勉強会実施前 実際にリリースしてみると、ライブ配信は既に多数のサービスがありますが、2人の掛け合いというスタイルが視聴者にもウケています。

現在の同時配信が可能なのは2名ですが、今後はさらに配信者の数を増やし、テレビのトーク番組のような配信にできたらと考えています。

Agora.ioを活用したスマホアプリ「101 LIVE!」

複数の配信者によるリアルタイムのやりとりを動画配信し、視聴者は番組を見ながらコメントやアイテムを送ることができるスマホアプリ「101 LIVE!」(ワンオーワンライブ)には、「Agora.io」のライブ配信SDKが採用されている。

Agora.ioを活用したスマホアプリ
将来の展望1

将来の展望1同時配信者を増やしたコンテンツ展開

2018年1月のサービススタート段階では、同時配信者は2名まで。ですが、Agora.ioでは現状でも最大17名の同時配信が可能とのことなので、将来的には1名のMCが複数の配信者をリードする「トーク番組」のような動画配信もできるようにしたいと思っています。

将来の展望2アプリではなくブラウザ版も

Agora.ioはWebRTCにも対応しているので、今後はアプリではなくブラウザでの「101 LIVE!」も視野に入れています。ブラウザ版はユーザにとってアプリをインストールする手間がなくなりますし、ビジネスとしての視点では、ストアに課金の手数料を支払うよりも、利益が上げやすいという判断もあります。

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

株式会社Nagisa 様
社名
株式会社Nagisa 様
URL
https://nagisa-inc.jp/
住所
東京都目黒区青葉台4-7-7 青葉台ヒルズ10F

先頭へ戻る