テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

株式会社静岡新聞社(静新SBSグループ) 様

静岡へのUターン、Iターン就職希望者を増やし、活気ある地域づくりに貢献

株式会社静岡新聞社(静新SBSグループ) 様

昭和16年12月1日、当時の静岡民友新聞を中心に県下有力新聞6社が合併して誕生。県内外に3支社、2総局、25支局を有し、ニュースの取材活動には万全を期している。発行部数は県紙としては常にトップ。

■事業内容
新聞発行、出版、印刷

事例PDFをダウンロードする

静岡県内で就職を希望する学生と、 地元企業の採用活動をV-CUBEで徹底サポート

静岡新聞社では、静岡県での就職を希望する学生を増やすため、県内外問わず、多くの学生に向けて、地元企業の情報を効率的に発信する仕組みとしてオンライン企業説明会を開始した。
地元企業の説明会を、静岡で就職を検討している学生にオンライン配信するうえで、リアルタイムにコミュニケーションが取れるチャット機能を有していることや、配信に不具合が起きないこと、放送した内容をオンデマンドで配信できることなど、Webセミナーを実施するために必要な条件を満たしていたV-CUBE セミナーを採用した。

静岡県外への人口流出に課題

新聞などのPRでは県外まで届かない

新聞を使ったPRなどの実施は、静岡の学生に対しては一定の効果があるものの、県外の学生への効果はあまり期待できない。

県外から来場する学生の時間・コストが負担に

県外から静岡の企業説明会に来場したくても、移動時間と旅費交通費などのコストが負担になり、学生にとって大きな障害に。

地元企業の採用活動が効果的に実施できない

人口の減少と共に、地元企業の採用活動は難航を見せており、エントリー数を増加させるための更なる施策が求められていた。

V-CUBE セミナーによるオンライン企業説明会で解決!!

全国の学生に向けて地元企業のPRが可能に

全国の学生に向けて地元企業のPRが可能に

学生はどこにいても静岡県内の企業説明会を視聴できるように。

地元企業が手間をかけて、県外学生を集客することや、首都圏まで出て説明会をする必要なくPRが可能に。県内学生だけでなく、県外の学生まで手広く効果的にアプローチができるようになった。

実地会場に行かずに情報収集

実地会場に行かずに情報収集

移動、コスト負担がなくなり、静岡県内で就職を検討する学生も効率的に情報収集が行えるように。

学生は静岡県内への移動が不要になり、移動時間や交通費、宿泊費などのコスト負担が減少。当日視聴できなかった学生に向けてもオンデマンド配信がされるため、いつでもどこでも企業説明会に参加できるように。

エントリー数が2倍に伸びた企業も

エントリー数が2倍に伸びた企業も

オンライン企業説明会に参加した企業の中には大きくエントリー数を伸ばした実績も。

オンライン企業説明会で、自社PRを行った企業の中には、採用サイトオープン後1ヶ月間のエントリー数が昨年比2倍になったケースも。

V-CUBE セミナー選定のポイントは?

オンライン会社説明会を行う上で必要な機能は揃っているか?

自社スタジオを活用したライブ配信、またチャット機能やアンケート機能などを有しているか。

  • 自社スタジオを利用したライブ配信ができ、かつ録画したコンテンツのオンデマンド配信も可能。
  • チャット、アンケート機能が標準搭載。チャットは、管理機能があるために公開すべきコメントが選定できる。

実地と変わらない双方向コミュニケーションが取れるか?

資料を指し示しつつ学生へ語りかける、実地の説明会と同様の環境を提供できるか。

  • 資料を見せながら説明することが可能。
  • チャット担当をつけることで、リアルタイムに学生からの質問に対し回答ができる。

安定した配信が可能か?

導入実績が豊富で、サービスが停止するというようなトラブルは起きないか?

  • 5,000社を超える導入実績がある。
  • ブイキューブが上場企業のため信頼感がある。

お客様の声:将来静岡に戻ってくるというきっかけになりたいUターン、Iターン者へのアプローチが効果的に

株式会社静岡新聞社 営業局静岡営業センター生活情報担当 三宅 進介 氏

株式会社静岡新聞社 営業局静岡営業センター生活情報担当
三宅 進介 氏

静岡県は、県外への転出者が県内への転入者を上回り、人口移動が全国ワースト2位になった時期があるほど、人口流出が深刻な問題となっています(*1)。高校卒業者の就職においても、進学者の約7割が県外の学校に進み、卒業後、県内に戻るのは4割程度、といったデータがあり、地域雇用対策も火急の問題となっていました(*2)

静岡新聞社では、同県での就職を考える学生向けの採用サイト「新卒のかんづめ」を運営しています。その中で、V-CUBE セミナーを活用した会社説明会「Webセミナー Live企業研究会」をライブ配信しています(毎週木曜、1社30分間を1~3社)。

視聴した学生にアンケートを行ったところ、「内容がわかりやすい」「見やすい、聞きやすい」といった反応で、マイナスな意見はひとつもありませんでした。これまで知らなかった企業に興味を持つなど、企業研究の材料になったと考えています。県外の学生も、わざわざ県内に足を運ばずとも情報を入手できるので、就職活動の効率は上がったと言えるでしょう。

今後は、チャットやアンケート機能をもっと活用して、出演者と聴講者がさらにコミュニケーションが取れるようにしたいと考えています。

(*1)出典:「住民基本台帳人口移動報告 平成26年(2014年)結果」(総務省統計局)

(*2)本文中「進学者の約7割が県外の学校に進み」」に関して:「学校基本調査」(文部科学省)より、静岡県 経済産業部 就業支援局 雇用推進課が算出。
本文中「卒業後、県内に戻るのは4割程度」に関して:「県内出身者の進路・Uターン就職の状況」について、静岡県 経済産業部 就業支援局 雇用推進課が調査。

株式会社静岡新聞社(静新SBSグループ)におけるV-CUBE セミナー活用法

静岡新聞社では、同県での就職を考える学生向けの採用サイト「新卒のかんづめ」を運営し、その中で、V-CUBE セミナーを活用した会社説明会「Webセミナー Live企業研究会」のライブ配信を実施している(毎週木曜、1社30分間を1~3社)。
県内企業の採用担当者が学生に向けて自社を紹介するWebセミナーであり、視聴する学生は、チャット機能を使って担当者に直接質問することができる。生放送から約1週間後には、その映像をオンデマンドで配信するなど、静岡県内の雇用創出に助力している。

県外の学生へ 静岡の企業の会社説明会を V-CUBE セミナーで配信

県内の学生はもちろんのこと、将来静岡に移住を検討している県外に住む学生がPC、スマートフォン、タブレット端末から、いつでも、 どこでも企業説明会を視聴できる。

県外の学生へ 静岡の企業の会社説明会を V-CUBE セミナーで配信スタジオ配信の構成

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)

静岡新聞ロゴ
社名
株式会社静岡新聞社(静新SBSグループ) 様
URL
http://www.at-s.com/
住所
静岡市駿河区登呂3-1-1

先頭へ戻る