03-4405-2688受付時間(平日10:00〜18:00)
お問い合わせ ・資料請求

フェリング・ファーマ株式会社 様

医師への情報提供のためのWebセミナー・情報交換会を開催
「EventIn」で参加者交流型 バーチャル講演会を実現

企業イメージ

フェリング・ファーマ株式会社では、医療関係者向けの情報提供の場を設け、薬剤や疾患情報、専門医による基調講演などを定期的に開催している。新型コロナウイルスの影響を受け、オンラインでセミナーと情報交換会を実施することにし、ブイキューブの「EventIn」を活用した。

■設立 2001年

■事業内容
医薬品の開発、製造、販売ならびに輸出入業務等

「EventIn」内でWebセミナー・質疑応答・情報交換を実施
ブース回遊が自由にできる機能で、より活発な交流へ

フェリング・ファーマ株式会社では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、リアル会場にて開催していた医療関係者への情報提供の場を、原則、オンライン開催へと移行した。過去にオンラインで開催した際、ZOOMウェビナーを活用し一方向の情報提供を行うセミナー形式と、Teams やZOOMミーティングを活用し少人数で講演のみならず、情報交換や質疑応答が中心のセミナーの二通りの形式にて実施していた。

今回、医師や医療関係者との交流に重きを置いたイベント設計を行うにあたり、基調講演と質疑応答の実施、小規模のブース単位での情報交換が可能で、参加者がブース間を自由に移動できることを重要視。そこで、参加者交流型を評価し「EventIn」を導入した。結果、従来のツールでは実施できないような、同じプラットフォーム内で講演・質疑応答・情報交換を実現できた。

従来のオンラインセミナー・情報交換会における課題

同ツール内でWebセミナーと交流の場を実現しにくい

講演会・質疑応答といったセミナー形式と、双方向の質疑応答・情報交換・交流といったブース形式を、同じオンラインツール内で開催することが難しい。実施できたとしても、活発な交流は生まれにくい。

少人数での情報交換を行いづらい

基調講演などセミナー形式での開催が可能なオンラインツールでは、グループごとに部屋を分けて情報交換ができるような仕組みを用意することが難しく、一方通行な情報提供になりがち。

ブース移動が自由にできない

既存のオンラインツールでは、自由にブースを選択することが難しく、一度入室したブースから自由に移動することも難しく、回遊を目的とした設計になっていない。

「EventIn」でこう解決!

解決1

Webセミナーも情報交換会も実施可能

Webセミナー・情報交換会を「EventIn」内で完結

1対複数人の Webセミナー・質疑応答も、ブース単位での交流も「EventIn」内で実現可能。同じツール内で部屋を移動するような操作性で簡単。

解決2

ブースごとに議論・交流できる

各ブースに複数人が入室でき交流可能

小規模な部屋を作成し、参加者は自由に入室可能。ブース単位で自由にコミュニケーションができる。ブースごとにテーマなどの名前を設定できる。

解決3

参加者がブースを自由に移動できる

会場フロア一覧から1クリックでブースを移動

「EventIn」内の全体マップのような一覧から、話したいテーマのブースを選んで自由に移動ができる。

「EventIn」選定のポイントは?

少人数での情報交換の場を用意できるか?

複数のブースに分かれてWebセミナーや情報交換の場を用意できること。

  • テーマを設けたブースを用意できる
  • 同じツール内で基調講演と情報交換を実現できる

ブース移動が自由かつ簡単にできるか?

興味のあるテーマや話したい医師がいるブースへと自由に簡単に移動できること。

  • フロア全体が一覧表示され、自由にブース間を移動できる
  • 「お試し視聴」機能によりブース内の様子を確認できる

お客様の声

医師への情報提供として基調講演と、テーマごとの情報交換会を実現

フェリング・ファーマ株式会社では、医師や医療関係者への情報提供の場として、基調講演や情報交換会を定期的に開催しています。コロナ以前はリアル会場で、講演会と情報交換会を併せた会を開催していました。しかしコロナの影響で一堂に会することができなくなり、2020年からオンライン中心で開催するようになりました。

既存のオンラインツールでは、一方向の情報提供を行うセミナー形式と、少人数で講演のみならず、情報交換や質疑応答が中心のセミナーの二通りの形式にて実施していた。ですが一度、弊社内で集合研修後の懇親会を同ツール内で実施して、うまく実施できたことがありました。そこで、医療関係者向けにもツール内で講演会と交流の場を実現できるのではないかと考え、より最適なオンラインツールを探し始めました。

「EventIn」は、参加者全員に向けた基調講演も、参加者が自由にブースごとに分かれて交流できる情報交換会も実現できる機能が揃っており、今回のイベントにぴったりなツールでした。2021年は計2回、全国の小児科の先生に向けて、情報提供になるような基調講演会、そしてブース単位での情報交換会を実施しました。

特に、ブース間を自由に移動できる点はとても良かったです。参加した医師や医療関係者が自由に話したいテーマや場所へと移動できました。講演の質疑応答では質問しづらいこともブース内で活発に話されていて、質疑応答ブースはかなり盛り上がっていました。

フェリング・ファーマ株式会社 コマーシャルエクセレンス部 部長
吉田 栄一 氏

リアルとオンラインを組み合わせた「ハイブリッド型」での開催を検討

今回「EventIn」を導入してみて、双方向性があることが良いと感じました。どうしても一方通行な情報提供だと、質問しづらかったり医師同士での情報交換がしにくかったりと課題がありました。既存のオンラインツールでも実演できたかもしれませんが、バーチャル空間を移動するような操作性でわかりやすかった点でも「EventIn」を導入してよかったです。

リアル会場での交流会開催の場合、200人が参加すると8割程度、情報交換会で話すことができます。オンラインの場合は、回遊が15%ほどなので減ってしまいます。ただ、全国各地から医師や医療関係者が集まるので、リアル開催とオンライン開催をハイブリッドで実施する価値はあると思っています。

医師によっては対面でのコミュニケーションを重要視される方もいるため、今後はハイブリッド形式で全国の医師をつなぐ場所を提供できたらと考えています。

コマーシャルエクセレンス部 デジタル担当
髙橋 麻紀 氏

フェリング・ファーマ株式会社様における「EventIn」の活用法

フェリング・ファーマ株式会社では、医師や医療関係者が集うイベントとして、基調講演・質疑応答、情報交換会を「EventIn」を活用して実施した。200名ほどが参加し、基調講演を聴講して質疑応答をしたのち、ブースごとにわかれて交流。「EventIn」は自由にブースを移動できるため、参加した医師は関連するブースや質問したい医師のもとへ移動していた。結果的に質疑応答ブースが盛り上がるなど、充実した交流の場になった。

基調講演とブース単位での情報交換をオンラインで実現

日本全国の小児科の先生を対象としたイベントにおいて、オンライン診療を実施している先生を講師として基調講演を実施。その場で質疑応答も行った。その後、関連企業や他の医師同士の交流の場として、情報交換会を開催。「EventIn」上で簡単に実施することができた。

利用イメージ
※「EventIn」画面イメージ

自由にブース間を移動できる仕組みで交流が活性化

情報提供ブースや質問ブース、エリア単位でのブースをわけて作成し、参加者は自由にブースを出入りできる。基調講演後の質疑応答では質問しづらいような内容も、質問ブースで議論がかわされていた。

今後はリアルとオンラインを並行して情報交換会の場を提供していく

リアル会場での講演会の場合、遠方にいる人は参加しづらい一方で、対面でのコミュニケーションを重要視する医師もいるため、コロナが落ち着いたら会場開催は検討予定。ただ、オンラインでの開催なら、日本全国から医師が集まりやすく、なおかつ交流もできることが今回でわかった。そのため、今後は対面で開催しながら、オンラインでも講演会や情報交換会の場を設けていく予定だ。

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

03-4405-2688

受付時間:平日10:00〜18:00

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

フェリング・ファーマ株式会社 様
名称
フェリング・ファーマ株式会社 様
URL
https://www.ferring.co.jp/
住所
東京都港区虎ノ門2丁目3-17 虎ノ門2丁目タワー 7階

先頭へ戻る