03-4405-2688平日10:00〜18:00受付
お問い合わせ ・資料請求

株式会社ワコールホールディングス 様

来場できない株主様にもリアルタイムで内容が伝わる
ハイブリッド参加型バーチャル株主総会を開催

企業イメージ

インナーウェア(主に婦人のファンデーション、ランジェリー、ナイトウェア及びリトルインナー)、アウターウェア、スポーツウェア、その他の繊維製品及び関連製品の製造、卸売販売及び一部製品の消費者への直接販売が主な事業。子会社56社及び関連会社7社で構成されている。

■設立 1949年

初めての参加型バーチャル株主総会を約5カ月の短期間の準備で実現

かねてより、バーチャル株主総会について情報収集を進めていたワコールホールディングスだが、2020年からのコロナ禍では、株主総会への来場抑制を進めつつ、2021年には株主総会を撮影して事後配信することで対応した。しかし、来場できない株主様にも株主総会をリアルタイムで見られる機会を提供すべきだと、2022年1月、オンライン参加型とリアル開催のハイブリッド型開催を決定。「バーチャル株主総会用配信プラットフォーム」を導入して同年6月に開催した。

ハイブリッド参加型バーチャル株主総会に関する課題

映像・音声とも途切れることなく配信され、問題なく開催ができるか

自社でノウハウがなく、まだ他社の事例も多くはないバーチャル株主総会について、トラブルなく開催することができるか不安。

バーチャル開催のために余分なマンパワーをかけられない

通常の開催に加えて、配信に関する準備や進行について業務が増えてしまうことが想定される。

「バーチャル株主総会用配信プラットフォーム」で解決!

解決1

これまで150社以上のバーチャル株主総会を成功させた実績

自社と同等の株主規模の企業における開催実績も多数。

数多くの出席型・参加型のバーチャル株主総会や、バーチャルオンリー株主総会を手掛けたブイキューブが包括的に支援。

解決2

プロのスタッフが事前準備から開催終了まで手厚くサポート

年間約7,800件のライブ配信を実施するブイキューブのスタッフを現場に派遣。

担当者の業務が増えがちな慣れないハイブリッド開催において、配信まわりの事前準備は勿論、前日の株主総会リハーサルで進行等を事前に確認し、株主総会終了まで経験豊富なスタッフが支援。

「バーチャル株主総会用配信プラットフォーム」のポイントは?

バーチャル株主総会の具体的な開催経験が十分に豊富であるか?

配信や進行について深い知見があること。

  • 様々な規模の企業で開催実績が豊富なブイキューブが支援
  • 考えられる配信トラブルへの対策も万全

開催の様々な業務をフォローしてもらえるか?

経験豊富なプロのスタッフを派遣してもらえること。
リハーサルに参加し、総会の構成や流れを共有・確認してもらえること。

  • これまでのノウハウを活かし、担当者の繁忙状況等に応じて臨機応変にサポート

お客様の声

トラブル回避の提案にいたるまで手厚くサポートしてもらえる

以前からバーチャル株主総会ついて、実際に開催した企業の担当者に話を聞き、所感や問題点、費用感など情報収集を始めていましたが、対応に要するマンパワーやコストの課題もあり、実施には至っていませんでした。その後、コロナ禍で、バーチャル株主総会の開催を行う企業が徐々に増えるなかで、改めて弊社でも開催する必要があるのかどうか、インターネットで資料請求などをして具体的な検討を開始していました。

コロナ禍の2021年株主総会では、会場への来場抑制をしながら、総会の様子を撮影した動画を事後配信することで来場して参加できない株主様への対応を行っていました。しかし、社内での検討を進める中で2022年の1月頃から、やはり株主様にリアルタイムで株主総会を見てもらう場を提供すべきだということで方向が決まり、バーチャル総会参加型での開催を前提に、サービスの比較検討を急遽始めました。

選定にあたり重視したのは開催実績です。その点で、ブイキューブは弊社と株主規模が似た企業で、複数の開催実績がありました。また、弊社としては初めてのバーチャル開催で、かつマンパワーもかけられない状況でしたので、専門スタッフがきちんとフォローしてくれる体制が整っている点も魅力でした。加えて、予備回線としてWi-Fiを用意頂けるなど緊急時のトラブル回避策も提示していただけて、その点も判断の決め手になりました。

実際に開催してみると、ブイキューブのサポートのおかげで、スムーズにバーチャル総会を開催することができました。また、事後配信を行っていた時に課題として感じていたカメラワークも、この機会に改善できました。唯一残念だったのは、思ったよりも視聴者数が伸びなかったことで、今後は、株主様へ周知の方法など改善していきたいと考えています。

また、今回は事前質問をメールで受け付け、オンラインの参加者がリアルタイムで質問や意見をできない形での開催でしたので、今後どのタイミングでそれができるようにするか検討を続けたいと思います。リアルタイムで受け付ける場合、事務局側で意見や質問の確認、選定などの負荷が増えますので、その点をどうカバーするか検討が必要です。株主様との対話をさらに充実させてゆくことを念頭に置き、引き続き、出席型も視野に情報収集を続けていきたいと考えています。

株式会社ワコールホールディングス
法務・コンプライアンス部
松政 孝英 様

ワコールホールディングス様が実施したハイブリッド型バーチャル株主総会

今回、ワコールホールディングス様が行ったバーチャル株主総会は、リアル会場での開催と、オンライン上での視聴を同時に行うハイブリット型。オンラインは「参加型」と呼ばれる形態のもので、発行会社から通知された固有のIDやパスワードによる株主認証を経て、Webサイト等で配信される中継動画を視聴する。オンラインでも株主総会に会社法上でも出席した扱いになる「出席型」と違って議決権行使は行えず「視聴のみ」可能。ただし、信託銀行との連携も必要な「出席型」と比較すると、開催のハードルが低いことから、新たな株主総会の形として、様々な企業で導入が広がっている。

活用法
参考:招集通知(一部)

専用のアプリケーションは不要

株主様は、PC・スマートフォン・タブレットから参加・出席可能。専用のアプリケーションをダウンロードする必要はない。分かりやすい操作画面で、インターネットやPCの操作に慣れていない人でも、簡単に接続できる。

プロのスタッフが初めての開催を全面的にサポート

150社以上のバーチャル株主総会、年間7,800件以上のライブイベント配信の実績を持つブイキューブの専門スタッフが徹底的にサポート。目指す株主総会のビジョンやシナリオの実現に向けて、最適な配信体制を整備し、準備段階から本番まで様々な要望に対して柔軟に対応。

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

03-4405-2688

受付時間:平日10:00〜18:00

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

ワコールホールディングス
社名
株式会社ワコールホールディングス 様
URL
https://www.wacoalholdings.jp/
住所
京都府京都市南区吉祥院中島町29

先頭へ戻る