2024年02月08日

AIoT 2023 - コネクト、エンゲージ、エンターテインメント(イベントレポート)

aiot-2023-event-recap01

※この投稿は、Agoraの日本総代理店であるブイキューブが、Agoraブログを翻訳した記事です。

AIoTは、効率性、分析、データ管理などを改善するために、IoT(Internet of Things)インフラと人工知能(AI)技術を組み合わせたものです。AIoTは、人間とデバイス間のインテリジェントで没入的な接続を促進し、AR/VRイノベーションの助けを借りて強化することもできます。先ごろ開催されたAIoT - Connect, Engage, Entertainイベントでは、スピーカーがAIoTの新たなトレンド、成果、課題、将来の可能性について詳しく説明しました。
このハイブリッド・イベントはシンガポールで開催され、以下のような世界的なIoTリーダーが参加。

  • Jimmy Zhang, CTO, Carbon Origins
  • Wangshu Yang, Head of Hardware, Meta Motors
  • Arlen Lu, Vice President of Mass Development, Turing Drive
  • Adam Kirk, CEO, Forma Vision
  • Patrick Ferriter, VP of Product, Agora
  • Ek Goh, VP & GM ASEAN, Oracle
  • Ni Meng, Co-Founder, RINO
  • YC (Song Yan) Cai, CEO, YCVR
  • Joe Tham, VP of International Sales, Simshine
  • Yongli Chen, Founder & CEO, Edgenesis

本記事では、イベントの主な収穫について説明します。セッションの模様はオンデマンドでご覧いただけます。

 

お役立ち資料ダウンロード

オンライン体験におけるブイキューブの技術サポートのご案内

【図解】システム開発のお手伝い

ブイキューブのソリューションアーキテクトが、寄り添います!
各種ライブ配信システムのアーキテクチャについて わかりやすい構成図にてご紹介!

無料ダウンロード

 

AIoT - 産業を超えたイノベーションの目覚め

AIは人間とデバイスの相互作用を変革し、私たちの働き方や日常生活の管理方法を変えました。ゲーム、共同作業、医療、機械操作、製造業におけるAI対応の没入型体験の追加は、今後もこの変革をリードしていくでしょう。

実社会における遠隔操作のインパクト

AIを活用したIoT(AIoT)が可能にする遠隔操作は、自律走行から産業オペレーションまで、幅広い新たな機会を提供します。
産業作業の自律制御は、仮想現実を使用して最も安全な方法で危険で最も困難な作業に取り組み、実行するのに役立ちます。オペレーターは、前例のない機械学習データセットによる比類のない状況認識で、リアルタイムのシミュレーション環境で作業することが可能。
重機のオペレーターは、強化された聴覚と視覚の環境の中で、死角を越えて作業することができ、より良い判断を下し、驚くべきスピードで作業を行えます。
「私たちのロボットは、バーチャルリアリティ、ロボット工学、ライブストリーミングを使って、最も困難な仕事に取り組むように設計されています。私たちはビデオストリーミングにAgoraを使用していますが、それは私たちの成功に欠かせないものです。」
JIMMY ZHANG, CTO AT CARBON ORIGINS

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/
Carbon Origins

レースとストリーミングの融合

ゲーム、eスポーツ、ライブストリーミングは、没入感のあるリアルタイムの高解像度ビデオとオーディオ、高い応答性、充実したヒューマン・マシン・コネクション、触覚フィードバックと融合しています。複数のテクノロジーのシームレスな融合により、非の打ちどころのないハンドリングを実現し、コンパクトで高速なマシンがレースを究極にコントロールします。
リアルタイムのエンゲージメントを駆使したゲーム体験は、バーチャルなレース体験を再構築し、現実のレースのアドレナリンラッシュと興奮をもたらします。この最先端の進歩の中心は、サンドボックス型のレーシングシミュレーションであり、180ミリ秒という低遅延のAgoraリアルタイム・エンゲージメント(RTE)プラットフォームを活用しています。この驚くべき機能は、シームレスな接続性を保証するだけでなく、実際のレーシングコースにいるような興奮を映し出す方法で、遠隔カーレースのスリリングな世界を実現します。
レースだけでなく、RTEによるバーチャルリアリティは、教育、ゲーム、ライブストリーミング、自動車など、あらゆる分野のユーザーの体験を向上させます。
「私たちMeta Motorsは、RTEゲームがバーチャルゲームと同じくらい多くの楽しみを与えてくれると信じています。そして、私たちはAgoraのサービスを利用しています。」
WANGSHU YANG, HEAD OF HARDWARE, META MOTORS

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

Meta Motors

商用自律走行車による支援

柔軟で堅牢かつ俊敏な自律走行は、人間に取って代わることはできないかもしれませんが、副操縦士のような存在となり、商業旅行や物流において産業支援を提供できます。最適化されたルートによる効率的な移動、見事な操作能力、使いやすさ、異常検知と通知といった利点により、自動運転と支援運転は雪だるま式に増えています。
Turing Drive Inc.は台湾で初めて自動運転電気バスを開発した企業。2018年以来、27台の自律走行車による5種類の車両で、10カ所にわたる走行距離33,500kmを超える技術の開発とテストが行われてきました。Turing Drive Inc.は、都市の峡谷やゴルフコースを含む3つの地形をマスターし、遊園地からオープンストリートまでの運用設計領域を管理し、テュフ ラインランドの認証を受けた台湾CARラボでのテストを完了しました。
「私たちの使命は、お客様の運用領域でシームレスなモビリティ体験を創造することです」
ARLEN LU, VICE PRESIDENT OF MASS DEVELOPMENT, TURING DRIVE

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

Turing Drive

空間コプレゼンスとエンゲージメントの未来

空間的コプレゼンスは、拡張現実感(AR)を使って遠隔地でも物理的な空間を占有できるようにします。ビデオ会議は生産性、回想性、エンゲージメントを低下させ、悪名高いWeb会議疲れを引き起こすため、このイノベーションは時代のニーズです。
遠隔でもハイブリッドでも、ヘッドマウントディスプレイを装着するだけで、本物のアバターになってデジタル空間に飛び込み、まるで物理的に一緒にいるかのように同僚と共同作業を行うことができます。
Forma Visionは、2DとGenAIの技術を組み合わせて、鮮やかな3D画像を作り出すことができます。特に、Agora RTM 2.0は、画像の深度データの同期に優れており、3D画像の忠実な再構成を保証します。
「空間コミュニケーションの)未来は非常に明るい。そして、来るべき革命のために、より多くの企業に対応するためのエキサイティングな時期なのです。」
ADAM KIRK, CEO, FORMA VISION

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

Forma Vision

グローバルAIoTエコシステムを支えるネットワーク

Agoraは、産業用遠隔操作、インテリジェント介護ロボット、eスポーツ、リアルタイム特殊効果、デジタルピープル、AR/VR仮想空間、AI用エッジコンピューティング、インテリジェントハードウェア、スマートホームなど、多くの革新的なRTEアプリケーションを展示。
「Agoraは、オラクルやRINOのようなグローバルリーダーと提携するAIoTエコシステムを構想しています。Agoraは、30以上の主要チップセットとの幅広い統合互換性、OCIとのインフラ互換性、様々なVR/AR、遠隔操作、スマートホーム、eスポーツ、ロボット、ハードウェアプロバイダとの統合能力を誇っています。」
PATRICK FERRITER, VP OF PRODUCT, AGORA

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

分散型IoTプライベートクラウドで企業に力を与える

RINOのセッションでは、共同設立者であるNi Meng氏が、RINOの民営化された展開とプラットフォームの生態学的優位性に基づき、RINOが世界のIoT業界にコスト効率、安全性、安定性、信頼性の高いIoTソフトウェアとハードウェアのサービスを提供していることを紹介。
「業界内外の交流と協力を強化し、共同で問題を議論し、経験を共有することで、業界の障壁を打破することができます。」
NI MENG, CO-FOUNDER, RINO

aiot-2023-event-recap02

RINO

AIoT時代のクラウドインフラとデータセキュリティ

AI、IoT、AR/VRの急速な発展は、データセキュリティとプライバシーの課題をもたらす。Oracle ASEAN担当副社長兼GMのEK GOHは、現在のデジタル時代におけるデータセキュリティの重要性を強調し、企業はデータ保護対策を強化する必要があると考えています。
「Oracle は、グローバルにサーバーを展開し、ユーザー・プライバシーのセキュリティを確保し、ブロックチェーン技術と暗号化アルゴリズムを可能にする能力によって、IoTデータ・セキュリティを強化するユニークな立場にあります。そして、プラットフォーム・コンセプトをビジネスと密接に統合することで、企業は顧客のニーズをよりよく理解し、業務効率を最適化し、安全でパーソナライズされたサービスを提供することができます。」
EK GOH, VP & GM ASEAN, ORACLE

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

Oracle

メタバース時代のフォトリアリスティックアバター

リアルタイムレンダリングと結合した人間と機械のインターフェースは、現実と仮想現実の境界線を曖昧にします。建築ビジュアライゼーションなどのVRユースケースは、建物とそのあらゆる次元をリアルに体験できる建築構築へと進展しています。
「画像ベースやビデオベースのリアルなアバターやデジタルヒューマンは、強化されたビジュアルと現実に近い体験によって、没入型の小売、ゲーム、スマートリビング産業を再定義することになります。」
YC (SONG YAN) CAI, CEO, YCVR

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

YCVR

よりスマートな生活のためのテクノロジー

AIoTは、仕事における私たちの生活と絡み合っており、今やスマートで安全な住宅、ヘルスケア、運転など、仕事以外の生活も簡素化しています。一般的なホーム・セキュリティに加え、ビジョンAIを組み込んだシステムは、高度なセキュリティと日常生活支援により、私たちの日常生活を一変させつつあるのです。
エッジコンピューティングに内蔵されたアルゴリズムとストレージの実現可能性は、AIoTデバイスに必要なデータを処理。顔検出センサー、ドアカメラ、宅配カメラ、物体検出車載カメラなどの家庭用、都市生活用、教育用、運転用デバイスは、セキュリティの追加レイヤーを提供します。
「AIベースのテクノロジーとローカルストレージにより、心配する時間を減らし、大切な人との一瞬一瞬を楽しむ時間を増やすことができます。」
JOE THAM, VP OF INTERNATIONAL SALES, SIMSHINE

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

Simshine

相互運用可能なAIoTシステムの実現

IoTの相互運用性は、デバイスが他のデバイスやアプリケーションと連携し、やり取りすることを可能にします。マッキンゼーによると、IoTシステム間の相互運用性は極めて重要であり、今日、40%以上のデバイスがそれを必要とし、60%のデバイスが何らかのレベルでそれを必要としています。IoT相互運用性レイヤーは、合法的なモジュールが詰まったツールボックスのように機能し、IoT製品のための新しくユニークな基板を開発します。
「Edgenesisインダストリアル・エッジは、プロダクション・グレードで、プロトコルやベンダーにとらわれないドライバであり、異なるポッド、インフラ・サービス、AIやアプリケーションがシームレスに相互作用するのを助け、インテリジェントな接続性、スケジューリング、高可用性を可能にします。」
YONGLI CHEN, FOUNDER AND CEO, EDGENESIS

 

映像をみる>https://www.agora.io/en/blog/aiot-2023-event-recap/

Edgenesis

ラウンドテーブル 人とデバイスのインタラクションのためのリアルタイム・イノベーション

洞察に満ちたプレゼンテーションの後、Agora、RINO、YCVR、Simshine、Edgenesisのシニアリーダーが示唆に富むラウンドテーブル・セッションを行いました。ディスカッションでは、データ・プライバシーのセキュリティ、IoT産業の発展、企業の対応戦略、市場の課題と機会のナビゲートなど、重要なトピックについて掘り下げます。
その後、対話は世界のIoT企業間の前向きな競争を促進する方向にシフトし、AIoTの発展と協力のための支援姿勢の重要性が強調されました。
「企業間の研究開発の中心における協力は、技術的・社会的進歩を後押しする指針です。
世界のIoT市場は、技術レベルであれアプリケーションレベルであれ、巨大な潜在力と数多くの可能性を秘めています。このことは、データセキュリティやプライバシー保護、ユーザーエクスペリエンスなど、付随する課題に注意を払い、積極的に解決策を模索することを思い起こさせます」

結論

グローバルリーダーを招いたキュレーションイベント「AIoT 2023 - Connect, Engage and Entertain」は、AIoTとAR/VRがコネクティビティに与える影響と、人間が有意義なつながりを形成するためのイノベーションに光を当てました。
世界で最も革新的なツール、テクノロジー、サービスをシームレスに接続し、顧客体験の再定義されたエンゲージメントとエンターテインメントを実現するというAgoraのビジョンを紹介します。


"コネクト、エンゲージ、エンターテインメント" - シームレスなコネクティビティと顧客のエンパワーメントのためのAgoraのビジョン

 

・CONNECT:グローバルなIoTエコシステムは、デバイス、サービス、アプリケーションをかつてない規模で安全に接続するための強固なプラットフォームを必要としています。
・ENGAGE:グローバルIoTシステムには、企業が顧客と革新的にエンゲージするための多くのサービスが必要です。
・ENTERTAIN:エンターテインメントは、デジタル・コンテンツに牽引される世界において、我々の生活にとって極めて重要な側面である。グローバルIoTエコシステムは、没入型、インタラクティブ、魅力的なエンターテインメント体験を創造する必要があります。

 

 

イベントのオンデマンド視聴はこちらから
AIoT - コネクト、エンゲージ、エンターテインメント

ガイドブックダウンロード
ビデオ通話・ライブ配信API/SDK「Agora」

超低遅延API/SDK「Agora」で実用的な活用ができるガイドブック

採用する前に必見!100万人の視聴対応!未経験者から専門家まで、誰でも読みやすいAgoraのガイドブックをダウンロードしませんか。

無料ダウンロード
ブイキューブ

執筆者ブイキューブ

Agoraの日本総代理店として、配信/通話SDKの提供だけでなく、導入支援から行い幅広いコミュニケーションサービスに携わっている。

関連記事

2024年05月02日

リアルタイム通信(RTC)における帯域幅と遅延の違いは何か?

  • Agora
  • 基礎知識
  • ライブ配信
  • ビデオ通話
※この投稿は、Agoraの日本総代理店であるブイキューブが、Agoraブログを翻訳した記事です。 デジタル時代でのストリーミングエクスペリエンスの品質は、多くの場合、帯域幅と遅延という2つの主要なネットワークパフォーマンス指標に依存します。 インターネットを使用するすべてのデジタル製品には、遅延と帯域幅の制約があります。 ブロードバンドインターネットはアプリケーションのパフォーマンスの制限要因であるため、ユーザーが送信する情報量の増加に対応するために追加のネットワーク容量とバランスを取る必要があります。 アプリの遅延を削減し、エンドユーザーにより良い応答時間を提供するには、開発者として、これらの制限が何であるか、帯域幅と遅延の主な違い、およびそれらがパフォーマンスに与える影響を理解することが重要です。 この記事では次の内容について説明します。  1. 帯域幅とは何ですか?  2. 帯域幅はリアルタイム通信にどのような影響を与えますか?  3. レイテンシーとは何ですか?  4. 遅延はリアルタイム通信にどのような影響を与えますか?  5. RTC問題を引き起こす帯域幅と遅延の関係  6. 遅延と帯域幅の問題:ユーザー向けの解決策  7. 開発者がより良いRTC品質を提供できる方法

先頭へ戻る