2024年01月26日

TwilioからAgoraへの移行ガイド: Android版

migration-guide-from-twilio-to-agora-android-edition

※この投稿は、Agoraの日本総代理店であるブイキューブが、Agoraブログを翻訳した記事です。

このガイドは、既存のTwilioビデオ実装をAgora Video SDKに移行するのに役立ちます。
新しいプロジェクトを開始する場合は、Agora Video SDKドキュメントを参照することをおすすめめします。

お役立ち資料ダウンロード  【図解】システム開発のお手伝い  ブイキューブのソリューションアーキテクトが、寄り添います! 各種ライブ配信システムのアーキテクチャについて わかりやすい構成図にてご紹介! 無料ダウンロード

 

クイックスタート

React、Vue、およびSvelteのクイックスタートデモが提供されています。クイックスタート デモで確認してください。追加のデモは、「その他のデモ」で見つけることができます。

ビデオ通話SDKクイックスタートのドキュメントもご参照ください:。

Agoraアカウントを作成する

Agoraアカウントにサインアップし、Agoraコンソールにログインします。

migration-guide-from-twilio-to-agora-web-edition01

「プロジェクト管理」タブの「プロジェクトリスト」タブに移動し、青い「作成」ボタンをクリックしてプロジェクトを作成します。(アプリIDと証明書を使用するように求められたら、「アプリIDのみ」を選択します。) 
アプリケーションの開発中にリクエストを承認するために使用されるアプリIDを取得します。

注:このガイドでは、運用環境で実行されているすべてのRTEアプリに推奨されるトークン認証は実装されていません。Agora プラットフォームでのトークンベースの認証の詳細については、このガイドを参照してください。

ステップ 1: Agora ビデオ SDK キーを取得する

Agoraサービスにアクセスしてプロジェクトに統合するには、次の手順に従ってAgoraコンソールから必要な情報を取得します。

アプリID

  1. Agora コンソールにログインし、プロジェクトに移動します。
  2. 「アプリID」を見つけます。これは、アプリに固有のランダムに生成された文字列です。このIDは、Agora内でアプリケーションを識別するために重要です。

一時トークン

  • アプリからのクライアントがチャネルに参加するときは、認証用のトークンが必要です。
  • Agora コンソールから一時トークンを生成します。有効期間は24時間です。このトークンは、チャンネルに参加するユーザーを認証するために使用されます。
Agora コンソールから一時トークンを生成します。有効期間は24時間です。このトークンは、チャンネルに参加するユーザーを認証するために使用されます。

チャンネル名

  • チャンネルを識別してラベルを付けるための一意の文字列を「チャンネル名」として定義します。

これらの手順を完了すると、Agoraサービスをアプリケーションに統合するために必要な認証情報が得られます。これらの情報へのアクセスと管理に関する詳細なガイダンスについては、Agoraコンソールを参照してください。


ステップ 2: AgoraビデオSDKをインストールする

インストール

Maven Centralリポジトリ経由 。次の行をapp/build.gradleファイルに追加します。

プロジェクトから Twilio SDK を削除します
app/build.gradleファイル内の次の行を削除します。

権限を設定する
プロジェクト内の Video SDK に必要な Android システム権限をすべて持っていることを確認します (すでに持っている権限は無視できます)。

プロジェクトで proguard を使用する場合は、次のルールをプロジェクトに追加します

-keep class io.agora.**{*;}

ステップ 3: セッションを開始して参加する

Twilio

 

Agora

ステップ 4: ビデオコントロールとローカルユーザービデオのレンダリング

Twilio

 

Agora

ステップ 5: リモートユーザービデオをレンダリングする

Twilio

 

Agora

ステップ 6: オーディオコントローラー

Twilio

 

Agora

ステップ 7: セッションからの退席と終了

Twilio

 

Agora

AgoraビデオSDKの追加機能

Agora Video SDK は、ビデオ会議アプリケーションを強化できる豊富な機能セットを提供します。以下に、重要な機能と考慮すべき情報をいくつか示します。

1.プラットフォームのサポート:
Agora Video SDK は、Android、iOS、Web、Linux、macOS、Windowsなどのさまざまなプラットフォームをサポートします。さらに、FlutterやReact Nativeなどの人気のあるフレームワークのラッパーも提供します。
2.クラウド録画:
Agora Video SDK はクラウド録画機能を提供し、後で再生またはアーカイブする目的でセッションをキャプチャして保存できます。この機能の実装の詳細については、Agora Video SDK のドキュメントを参照してください。
3.画面共有:
Agoraの画面共有機能を使用して、アプリケーションに画面共有を実装します。この機能は、共同作業やプレゼンテーションに役立ちます。
4.プラグイン アーキテクチャ:
Agoraのプラグインサポートにより、ビデオ アプリケーションの拡張性が強化されます。Agoraのプラグインアーキテクチャを活用することで、追加機能をシームレスに統合したり、機能をカスタマイズしたりできます。
5.ツリー シェーキング:
Agora Video SDK はツリーシェーキングをサポートしており、ビルドプロセス中に未使用のコードを削除することでアプリケーションのバンドルサイズを最適化できます。これにより、アプリケーションの軽量性が維持され、効率的に実行されます。
6.安全な通信:
Agoraのエンドツーエンド暗号化により、セッション内のユーザー間の通信が非常に安全になります。この機能によりプライバシーが強化され、ビデオ会議中に交換される機密情報が保護されます。

Agora Video SDK の機能とその実装方法の包括的な詳細については、「Agora Video SDK Documentation」を参照してください。

Agora Video SDK の可能性を最大限に活用して、堅牢で機能豊富なビデオ会議エクスペリエンスを作成してください。特定の機能要件がある場合は、実装に関するガイダンスについてドキュメントを参照してください。

 

ガイドブックダウンロード  【大充実】通話・配信SDK「Agora」ガイドブック  通話・配信サービス開発や、配信技術のリプレイスを検討中の方、必見の内容です。 Agora SDKの特徴から活用例まで徹底解説! 無料ダウンロード
ブイキューブ

執筆者ブイキューブ

Agoraの日本総代理店として、配信/通話SDKの提供だけでなく、導入支援から行い幅広いコミュニケーションサービスに携わっている。

関連記事

先頭へ戻る