2024年04月23日

2024年のテクノロジートレンド:音声からリアルタイム文字起こしについての未来を探る

2024年のテクノロジートレンド:音声からリアルタイム文字起こしについての未来を探る

「リアルタイム文字起こし」は、音声通信を文字情報に即座に変換する技術です。
この記事では、その市場から仕組み、サービスまでご紹介します。

概要

リアルタイム文字起こし(RTT)の定義と基本原則の説明

「リアルタイム文字起こし」は、音声通信を文字情報に即座に変換する技術で、一般的には音声データの文字起こしと表現されています。
通話中に相手の発言が文字として表示され、双方が同時にコミュニケーションを取ることを可能にします。
この技術は、聴覚に障害がある方や環境音に影響を受ける場面で特に有用です。
リアルタイム文字起こしの基本原則は、音声をリアルタイムで文字に変換し、そのテキストを通信相手に送信することで、効率的で迅速なコミュニケーションを実現することです。

なぜリアルタイム文字起こしが重要なのか、そのメリットの紹介

リアルタイム文字起こしの重要性は、コミュニケーションの包括性と効率性にあります。
聴覚に障害がある方にとっては、音声に頼らないテキストベースのコミュニケーションが不可欠です。
また、騒音の多い環境や静かに話す必要のある状況でも、リアルタイム文字起こしは有益です。
さらに、会議の録音やリアルタイムのテキスト解析により、情報の確実性や精度が向上します。
これにより、企業や組織内でのコミュニケーション効率が向上し、意思決定や問題解決が迅速化されます。

市場

リアルタイム文字起こしの需要が高まる背景と市場の動向

リアルタイム文字起こしの需要が高まる背景には、包括的なコミュニケーションニーズの増加があります。
多様な環境でのコミュニケーションニーズの増加などが挙げられます。
さらに、テレワークやリモートワークの普及に伴い、音声通話よりもテキストベースのコミュニケーションが重視される傾向もあります。
このため、RTT市場は急速に成長しており、テクノロジー企業や通信業界が新たなサービスや製品を開発するなど、市場の動向が活発化しています。

主要な産業や分野でのリアルタイム文字起こしの想定利用例

リアルタイム文字起こしは、さまざまな産業や分野で幅広く活用できる可能性があります。
例えば、教育分野では、授業やセミナーでの講義内容を文字起こしして学生が後で復習できるようになります。会議では文字起こしから議事録の作成、AIによる要約という活用が増えてきています。
リアルタイム文字起こしとChatGPT等の生成AIの連携は、会話のリアルタイムな解釈と自動応答の向上を可能にします。
リアルタイム文字起こしは自動で音声をテキスト化し、ChatGPTはそのテキストを解釈して自然な応答を生成します。
この組み合わせは、カスタマーサポートやライブイベントでのチャットボット活用など、様々なシナリオで役立ちます。
例えば、カスタマーサポートでは、顧客の問い合わせをリアルタイムでテキストに変換し、ChatGPTが的確な回答を提供します。
また、ライブイベントでは、配信者の会話をリアルタイムで解釈し、ChatGPTが視聴者としてコメントを投稿し盛り上がりを演出できます。
これにより、効率的なコミュニケーションと顧客満足度の向上が期待できます。

このように、リアルタイム文字起こしは情報の記録とアクセス性の向上に貢献し、効率的なコミュニケーションや学習の促進に役立っています。

リアルタイム文字起こし市場の成長予測と将来展望

リアルタイム文字起こし市場は、技術の進化と需要の拡大により急速に成長しています。
特に、オンライン会議やライブ配信の普及により、リアルタイムでのテキスト変換ニーズが増加しています。
将来展望では、AI技術の発展により、より高度な言語処理やリアルタイム解釈が可能となります。
さらに、医療や法律などの専門分野での利用が拡大し、個人や企業のコミュニケーションツールとしても一般化すると予想されます。
この市場の成長は、技術革新と社会的ニーズの相乗効果に支えられており、今後も拡大が見込まれます。

ITRの調査では音声認識のCAGR(2021~2026年度)は23.6%、2026年度には300億円に迫ると予測しています。
また、「音声認識は、従来から顧客接点に関わる業務で活用されてきましたが、リモートワークの拡大でビデオ会議や動画閲覧の機会が増加したことにより、さまざまな社内業務や営業活動などでも活用されつつあり、ユーザー体験を補完する手段として注目されてきています。今後も、働き方の多様化が進むなかで業務の実態を可視化・記録・共有することを目的とした導入が進むと見込まれます」とコメントしています。

RTT_2024-2

出典:ITRプレスリリース(2022年8月25日)

技術

リアルタイム文字起こしの仕組みと動作原理の解説

リアルタイム文字起こしの仕組みは、まず音声データを受信し、音声認識技術によって音声をテキストに変換します。
この際、音声認識エンジンが音声パターンを解析し、単語やフレーズをテキストにマッピングします。
次に、テキストデータが表示されるプラットフォームやアプリケーションに送信され、ユーザーがリアルタイムでテキストを閲覧できます。
この仕組みによって、会話やイベントの内容をリアルタイムでテキスト化し、聴覚に障害がある方やノイズの多い環境でも情報を共有できるようになります。

使用される主要な技術やプロトコル(音声認識、自然言語処理など)

リアルタイム文字起こしには、主に音声認識技術と自然言語処理技術が使用されます。
音声認識技術は、音声データをテキストに変換するために使用されます。
これには、音声パターンの解析や単語の認識が含まれます。自然言語処理技術は、変換されたテキストを処理し、文法や意味を理解して適切な応答や処理を行います。
これらの技術は、高度なアルゴリズムや機械学習モデルに基づいており、リアルタイムでのテキスト変換と理解を可能にします。

リアルタイム文字起こしシステムの開発や実装における課題と解決策

リアルタイム文字起こしシステムの開発や実装には、いくつかの課題があります。
その一つは、高い精度とリアルタイム性の両立です。
特に、複雑な音声パターンや背景ノイズがある場合、正確な文字起こしを実現するのは難しいことがあります。
また、大量のデータをリアルタイムで処理するための効率的なシステム設計も必要です。
これらの課題に対処するためには、高度な音声認識アルゴリズムや自然言語処理技術の導入、クラウドコンピューティングの活用などが有効です。

また、リアルタイム性と精度のバランスを取るために、リアルタイムテキスト表示の遅延を最小限に抑える工夫も重要です。

リアルタイム文字起こしのサービス案内

有料・無料含め、様々なリアルタイム文字起こしサービスがありますが、ここで映像・音声配信プラットフォームを提供するAgoraのオプション機能であるリアルタイム文字起こしについて紹介します。

リアルタイム音声変換:音声をリアルタイムでテキストに変換し、字幕として表示。会議やウェビナーの内容を瞬時に理解可能。

多言語対応:主要な言語と方言を幅広くサポート。最大2言語同時変換で、グローバルなコミュニケーションを円滑化。

スピーカーラベル: 誰が発言しているかを区別し、発言者を特定。会議やインタビューの記録を整理しやすく、必要な情報を見つけやすい。

チャンネルベースの文字起こし: 複数のホストが参加するチャンネルでも、チャンネルの持続時間にのみ課金。コストを抑えながら、効率的なトランスクリプションを実現する。

これらの機能により、アゴラリアルタイムトランスクリプションは、以下の利点を提供します。

アクセシビリティ向上: 聴力に難のある人でも、音声やビデオコンテンツを理解可能。

情報検索の容易化: 文字を検索することで、会議やウェビナーの内容を簡単に振り返り、必要な情報を見つけやすい。

コンテンツの分析:文字起こしを分析することで、会議やウェビナーの傾向や参加者の関心事項を把握する。議事録の作成や改善に役立つ。

多言語コミュニケーションの円滑化:: 異なる言語を話す人々が同じ会議やウェビナーに参加する場合、リアルタイム翻訳と合わせて使用することで、スムーズなコミュニケーションを実現。

Agoraの文字起こしは、会議、ウェビナー、ライブ配信など、さまざまな場面で活用できる強力なツールです。アクセシビリティ向上、情報検索の容易化、コンテンツの分析、多言語コミュニケーションの円滑化など、さまざまなメリットをもたらします。

まとめ

リアルタイム文字起こし技術は、包括的なコミュニケーションニーズに応え、幅広く活用されていく事が予想されます。
将来展望では、AI技術の進化やニーズの多様化により、より高度な精度とリアルタイム性が期待されます。
リアルタイム文字起こしは、透明性と効率性を高め、社会的な包摂性を促進する革新的な技術として、さらなる発展が見込まれます。

藤本 諭志

執筆者藤本 諭志

株式会社ブイキューブ 技術本部 Agora担当。 2007年ブイキューブ入社。 自社開発サービスであるV-CUBE セミナーの開発に携わる。現在はAgoraとTencent Cloudのプロダクト担当SEをしている。 スキル:Docker/AWS/Linux/DB/Ruby/PHP/JavaScript

関連記事

先頭へ戻る