03-4405-2688平日10:00〜18:00受付
お問い合わせ 資料請求
「テレキューブ」を配信用スタジオとして活用
オンライン説明会の開催が急増

明治安田生命保険相互会社 様

明治安田生命の法人営業企画部では、企業や官公庁の社員・職員向けに「団体保険」商品の説明を行っています。近年はウェビナー形式での開催を推進していますが、電話業務も多い職場内において、配信時の防音対策が課題でした。そこで同社は、4人用の「テレキューブ」を導入し、配信用の機材を設置することで、簡易スタジオとして利用。快適な配信環境が整ったことで、オンライン説明会の開催が急増しています。

明治安田生命保険相互会社様 企業イメージ
テレキューブ 導入のきっかけや、活用方法、オフィスレイアウトのアイデアなどをまとめて読める事例集、ワンクリックでダウンロード。

導入前の課題と導入効果

課題

  • 周囲の音が入らない配信スペースが必要
  • パーテーションでは解決できない
  • 配信用の機材が置けるスペースが必要

効果

  • 4人用「テレキューブ」を設置して簡易スタジオとして活用
  • 消防法をクリアした個室環境
  • 4人用の広々とした居住性

選定のポイント

高い遮音性を確保できるか

社内の雑音が聞こえない環境であること。周囲も配信を気にせず通常業務を継続できること

配信用のスタジオとして使えるか

配信用の機材を置くスペースを確保できること。配信者と補助係と2名で利用しても問題がないこと

活用方法

1名での配信が可能な環境

「テレキューブ」内には、資料共有のためのパソコン2台と、スイッチャー、カメラ、ライトを常設。当初は配信者だけでなく、カンペやスイッチングなどの補助をあわせた2名大勢であったが、手順などにも慣れてきたこともあり、現在では1名で配信を行っている。
1名での配信が可能な環境

打合せスペースとしても利用

利用は社内共有カレンダーで管理している。スタジオとしての利用を優先しているが、スタジオ利用がない時は、打ち合わせスペースとしても活用されている。

お客様の声

弊社の法人営業企画部では、企業等団体の社員・職員様を対象に、「団体保険」に関する商品説明や手続きの内容をオンラインで説明する、1回15分~30分ほどのウェビナーを配信しています。コロナ禍やセキュリティ上の問題から、直接出向いて対面で説明することが難しくなったことや、お客様のご都合にあわせて配信できることから、オンライン形式を推進し、一般企業向けは2022年度から開催しています。

職場にパーテーションを設置して配信用スペースを作っていたのですが、消防法の関係で天井部分に空間を空ける必要があり、周囲の音が普通に聞こえてしまうため、配信環境としては大いに問題がありました。

そこで、快適な配信環境を実現するために導入したのが、4人用の「テレキューブ」です。資料共有のためのパソコン2台と、スイッチャー、カメラ、ライトなどの機材を常設して、簡易スタジオとして活用しています。防音が万全なので周囲の音が気にならず、居住性も良く、集中して配信にのぞめます。導入後は開催回数が急増し、年間500回以上の配信へと、当初予定よりも上回りました。
無料カタログ  【すぐに読める】テレキューブ カタログ  「テレキューブ」のサブスク価格や仕様、活用シーン、導入までのステップがコンパクトにまとまったカタログです。まずは、カタログを見ながら検討しませんか? 今すぐダウンロード

この事例で使用したサービス

  • 
    
    
    
      オフィス導入

企業情報

明治安田生命保険相互会社 様

明治安田生命保険相互会社 様

所在地:東京都千代田区丸の内2-1-1
URL:https://www.meijiyasuda.co.jp
「明治生命」と「安田生命」の合併により、2004年に誕生。「信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい生命保険会社」を企業ビジョンに掲げ個人・法人向けの保険サービスを提供している。

創業:1881年
事業内容:保険業

関連事例

先頭へ戻る