2023年11月28日

ライブ・ショッピング・イベントのチェックリスト:ライブコマースのベストプラクティス

live-shopping-best-practices

※この投稿は、Agoraの日本総代理店であるブイキューブが、Agoraブログを翻訳した記事です。

ライブ・ショッピングは、世界中のeコマース・ビジネスにとって、最も急速に成長している収益チャネルの一つです。オンラインショッピングの利便性とリアルタイムのエンゲージメントが組み合わさることで、消費者がブランドと交流し、購買決定を下す方法が再定義されつつあります。
中国だけでも、マッキンゼーの報告書によると、ライブ・ショッピングは2025年までに1.2兆ドルに達すると予想されていて、欧米ではまだ初期段階ですが、ジュニパー・リサーチのレポートによると、ライブショッピングの売上は2026年までに550億ドルに達する見込みとなっています。
ライブコマースのこの巨大な可能性は、オンライン小売業者やマーケットプレイスが、ショッピング可能なライブストリームを自社の戦略に統合することを調査すべきことを示唆しています。ブランド、マーケットプレイス、eコマースプラットフォームのコンバージョン率を高めるために、Agoraは最近、最新のライブコマースのトレンドとベストプラクティスを探求する4部構成のウェビナーシリーズ、RTEライブショッピング2023を開催しました。
ここでは、業界の専門家からのこれらの学習に基づいて、ライブショッピングがどのようにコンバージョン率と売上を増加させることができるかを取り上げます。

お役立ち資料ダウンロード  【図解】システム開発のお手伝い  ブイキューブのソリューションアーキテクトが、寄り添います! 各種ライブ配信システムのアーキテクチャについて わかりやすい構成図にてご紹介! 無料ダウンロード

 

リアルタイムでつながり、会話し、転換する

eコマースとリアルタイム・エンゲージメントの組み合わせにより、売り手は買い手と個人レベルでつながることができるようになりました。

ここでは、eコマース・ブランドやプラットフォームが、消費者と有意義なつながりを作りながら、売り手が信頼を築くことができる方法を紹介します。

  • ライブ・ショッピング・イベントの開催:
    ライブショッピングイベントでは、企業は何千人ものユーザーと待ち時間ゼロでリアルタイムにやり取りでき、より現実のショッピングに近いシームレスなインタラクティブ体験を実現します。
  • パーソナライズされた体験の提供:
    購入者の行動、エンゲージメントレベル、意図を分析することで、売り手は消費者の共感を得、商品やサービスにより共感してもらえるようなパーソナライズされたショッピング体験を作り出すことができます。
  • コミュニティの構築:
    ターゲットを絞った広告は潜在顧客を呼び込むには最適ですが、真のeコマースの成功は、それらの顧客をリピーターの忠実なコミュニティに変えることから生まれます。顧客が好きなブランドと直接交流できるようにしたり、リアルタイムのエンゲージメントを通じて他の同好の士と交流できるようにすることで、活気あるコミュニティを構築し、より多くの売上を促進できます。
  • ソーシャルイベント化:
    ソーシャルeコマースは、ユーザーが買い物仲間と交流したり、一緒に買い物をする仲間を招待したりタグ付けしたりすることで、ライブショッピングを社交的な体験にします。

より良いライブショッピング体験のためのチェックリスト

ソーシャルコマースは、オーディエンスにパーソナライズされたインタラクティブな体験を提供し、信頼関係を築き、魅力的で本物の環境を作り出すことがすべてです。

このチェックリストに従って、ライブショッピングイベントを確実にコンバージョンと収益につなげましょう

  • 視聴者のエンゲージメント:
    ライブショッピングイベントでは、企業は何千人ものユーザーと待ち時間ゼロでリアルタイムにやり取りでき、より現実のショッピングに近いシームレスなインタラクティブ体験を実現します。
  • パーソナライズされた体験の提供:
    視聴者が積極的な参加者になることで、真のエンゲージメントが生まれます。早期割引、景品、ディスカッション、質疑応答など、視聴者を巻き込むためにできることは何でもしましょう。ゲーミフィケーションは、常に有利に働く戦術の1つです。イベント内のゲーム、輪回し、ミステリーボックスは、視聴者の積極的な参加を促すために役立ちます。
  • 真正性:
    真正性は人々を結びつける鍵です。リサーチをして、あなたと視聴者の間にある共通点を見つけ、真のつながりを築きましょう。あなたの専門知識を紹介し、彼らのフィードバックに応え、彼らの疑問や質問に答えることで、信頼を築きましょう。会話に集中すれば、コンバージョンは後からついてきます。
  • 没入型体験:
    空間オーディオ、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)など、新たな没入型テクノロジーを活用しましょう。これらのスーパーインポーズド・リアリティを使えば、バーチャルな環境で製品を紹介し、オーディエンスにその価値を体験してもらえます。 しかし、基本を忘れてはなりません!ライブ映像の品質なども、顧客の没入体験に大きく貢献します。
  • イベントの最適化:
    バイヤーペルソナ、意図、バイヤーの行動などのデータ指標から得られた洞察に基づいて、イベントのコースを計画します。これらの分析に基づいてコンテンツを最適化し、アプローチを戦略化することで、親近感を高め、エンゲージメントを促進します。
  • 安全性とセキュリティ:
    AIを搭載したツールを活用して、セールスを自動的に検出し、防止します。

ライブ・ショッピングでよくある課題

これらをチェックすることで、没入感のあるインタラクティブなライブ・ショッピング体験への道が開けますが、イベント中に直面する可能性のある一般的な課題もあります。

ここでは、それらにどのように取り組むことができるかを説明します。

    • 遅延:
      これは、大規模なバーチャル・イベントにおけるエンゲージメントを妨げる最大の課題の1つです。ライブストリームが最高の技術スタックによって提供され、遅延を減らし、リアルタイムの視聴者とのインタラクションを可能にすることを確認してください。
    • レスポンスの遅延:
      ライブの側面は、観客とのインタラクションなしではその価値を失います。関連する質問やコメントにはすべてリアルタイムで返信し、顧客が自分の意見を聞いてくれていると感じ、参加できるようにしましょう。ポジティブに保ち、製品の社会的証明となるコメントを強調することを目指しましょう。
    • マルチタスク:
      ライブショッピングイベントを主催するのが初めての場合、必要なマルチタスクの計画を立てることが不可欠です。制作を手伝ってくれる人を増やすにしても、一人でマルチタスクをこなすにしても、事前に練習しておくことが重要です。誰がチャットを読んで応答しているのか、誰がカメラに映っているのか、誰がカメラ外のアイテムを回収できるのか等を確認してください。

まとめ

このチェックリストに従いながら、課題に対処することで、ソーシャル・コマースをビジネスの新たな収益手段に変えることができます。 RTEライブ・ショッピングのウェビナー・シリーズで、リアルタイム・エンゲージメントを利用したライブ・ショッピングが、どのように売り手と買い手を結びつけ、eコマースで買い物をする方法を変えるのか、その全貌をご覧ください。

ガイドブックダウンロード  【大充実】通話・配信SDK「Agora」ガイドブック  通話・配信サービス開発や、配信技術のリプレイスを検討中の方、必見の内容です。 Agora SDKの特徴から活用例まで徹底解説! 無料ダウンロード
ブイキューブ

執筆者ブイキューブ

Agoraの日本総代理店として、配信/通話SDKの提供だけでなく、導入支援から行い幅広いコミュニケーションサービスに携わっている。

関連記事

先頭へ戻る