2022年05月19日

ライブ会場のステージに複数の視聴者を投影するサンプル

コロナの影響で、無観客ライブ配信の開催が多く見られるようになってきました。
この場合は基本的に1方向での配信になり、演者と視聴者の一体感が生まれません。

その代替として、ライブの視聴者の映像をステージ上の壁に投影するケースが生まれてきました。
この記事ではそのシステムを簡易に実現できるサンプルコードについて解説します。
このシステム名”FanWall”と呼んだりしています。

サンプルはこちら

資料ダウンロード  【すぐ読める!ガイドブック】ビデオ通話・ライブ配信SDK「Agora」  ビデオ通話やライブ配信の機能をあらゆるアプリケーションに簡単に実装できるSDKの特徴から活用例まで徹底解説! 無料ダウンロード

構成イメージ

ライブ会場のイメージ

視聴者が見ている画面

FanWallの画面

システム構成

  • 聴者は同時に2つのチャンネルに接続します。
    会場からのライブ映像を受け取る専用のチャンネルと、FanWallに対して映像を送るチャンネルになります。運営者から選択された視聴者はライブ配信用のチャンネルに音声が流れます。
    https://github.com/fu-jimoto/AgoraIO-FanWall/blob/main/audience.html

実装の解説

資料ダウンロード  【一気に読める!】Agora 導入事例集  オンラインフィットネス・カウンセリング、音声サービスやファンサービスなど、バラエティに富んだ導入事例をご紹介! 無料ダウンロード
ブイキューブ

執筆者ブイキューブ

Agoraの日本総代理店として、配信/通話SDKの提供だけでなく、導入支援から行い幅広いコミュニケーションサービスに携わっている。

関連記事

先頭へ戻る