2022年05月13日

実装例|ビデオ通話アプリ(iOS版)

※2019年の記事です。

 

Agoraのビデオ通話アプリ(iOS版)の実装例・サンプルコードをご紹介します。

資料ダウンロード  【すぐ読める!ガイドブック】ビデオ通話・ライブ配信SDK「Agora」  ビデオ通話やライブ配信の機能をあらゆるアプリケーションに簡単に実装できるSDKの特徴から活用例まで徹底解説! 無料ダウンロード

1対1のシンプルなビデオ通話の実装

利用SDK:AgoraVideoSDK for iOS
SDKバージョン:3.x

SDKの入手

https://www.agora.io/en/download/ からiOS用のSDKをダウンロードします。
サンプルコードも内包されています。

iOS用のSDKをダウンロード

samplesフォルダにはビデオ通話用のサンプルとライブ配信用のサンプルが含まれてます。
今回はビデオ通話用のサンプル「Agora-iOS-Tutorial-Swift-1to1」を利用します。

AppIDをご利用のものに変更します。

AppID.swift
let AppID: String = <#Your App ID#>  
    

AgoraSDKを初期化します。

VideoChatViewController.swift
func initializeAgoraEngine() {
        agoraKit = AgoraRtcEngineKit.sharedEngine(withAppId: AppID, delegate: self)
    }
    

ローカル映像を設定を行います。

VideoChatViewController.swift
func setupVideo() {
        agoraKit.enableVideo()
        agoraKit.setVideoEncoderConfiguration(AgoraVideoEncoderConfiguration(size: AgoraVideoDimension640x360,
                                                                             frameRate: .fps15,
                                                                             bitrate: AgoraVideoBitrateStandard,
                                                                             orientationMode: .adaptative))
    }
    

ローカル映像を表示します。

VideoChatViewController.swift
func setupLocalVideo() {
        let videoCanvas = AgoraRtcVideoCanvas()
        videoCanvas.uid = 0
        videoCanvas.view = localVideo
        videoCanvas.renderMode = .hidden
        agoraKit.setupLocalVideo(videoCanvas)
    }
    

チャネルに接続します。

VideoChatViewController.swift
func joinChannel() {
        agoraKit.setDefaultAudioRouteToSpeakerphone(true)
        agoraKit.joinChannel(byToken: nil, channelId: "demoChannel1", info:nil, uid:0) {[weak self] (sid, uid, elapsed) -> Void in
            if let weakSelf = self {
                UIApplication.shared.isIdleTimerDisabled = true
            }
        }
    }
    

他拠点の映像を表示します。

VideoChatViewController.swift
func rtcEngine(_ engine: AgoraRtcEngineKit, firstRemoteVideoDecodedOfUid uid:UInt, size:CGSize, elapsed:Int) {
        if (remoteVideo.isHidden) {
            remoteVideo.isHidden = false
        }
        let videoCanvas = AgoraRtcVideoCanvas()
        videoCanvas.uid = uid
        videoCanvas.view = remoteVideo
        videoCanvas.renderMode = .adaptive
        agoraKit.setupRemoteVideo(videoCanvas)
    }
    

必要最低限の実装はこれだけです。
サーバを用意する必要はなく、これだけのコード量で低遅延のビデオ通話アプリが構築可能です。

資料ダウンロード  【一気に読める!】Agora 導入事例集  オンラインフィットネス・カウンセリング、音声サービスやファンサービスなど、バラエティに富んだ導入事例をご紹介! 無料ダウンロード
ブイキューブ

執筆者ブイキューブ

Agoraの日本総代理店として、配信/通話SDKの提供だけでなく、導入支援から行い幅広いコミュニケーションサービスに携わっている。

関連記事

先頭へ戻る