テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

ビデオと仮想デスクトップインフラストラクチャ:接続への鍵

2016.05.27

ビデオと仮想デスクトップインフラストラクチャ:接続への鍵

仮想デスクトップでの最大の課題は?

仮想デスクトップ(VDI)インターフェイスで世界をリードする専門家が、VDIに関する調査レポート(pdfがダウンロードされます)をリリースしています。
このレポートは「Project Virtual Reality Check」と題してVDIを導入している世界中のグローバル企業のIT部門に対して詳細なリサーチを行った結果レポートです。
表1はSBC(Sever based computing)を導入する最も大きな理由に関してです。

Centralize Managementがもっとも大きな理由として挙げられています。また、リモートロケーションや多地点に対してのサポートの要素が続いています。

このようにIT部門の管理側面では非常に貢献するSBC/VDIですが、最も大きな課題としては下記のようになっています。

限られたWAN環境で行う、ユーザーエクスペリエンスとパフォーマンスの問題が最も多く、そしてリッチメディア(Video、Audio、2D/3DGraphics)のユーザーエクスペリエンスが挙げられています。

コンシューマーの世界はもちろんのこと、企業内のネットワークトラフィックにビデオが占める割合は年々増加し、最も多いトラフィックは今やビデオです。
社内でのビデオの使用が増加すると、その価値はますます重要になってきて、いつでも、どこでも、組織内の任意のデバイス上で、誰でも閲覧可能な状態にすることが大切です。

今までは、VDIを介して高品質のビデオを提供することは非常に困難でした。フレームレートは10コマ以下になり、コマ送りのような映像に、途切れる音声など、視聴者のユーザーエクスペリエンスは下がります。

フォレスター・リサーチによると、今後、大企業における従業員は、文書・電子メール・ファイル検索よりも、75%以上も多くの時間をビデオに使うようになってくると予測されています。

仮想デスクトップを通して、従業員に高品質のビデオを提供し、インフラを気にせず、視聴に集中させることが需要です。

これが、Qumuが業界をリードするVDIインフラストラクチャのCitrix XenAppおよびXenDesktopのためのQumu Video Optimization Pack(Qumuビデオ最適化パック)を開発した理由です。

CitrixとQumuの一つの回答『Qumu Video Optimaization Pack(ビデオ最適化パック)』

昨年のこのQumu VOPのリリース以降、世界中の企業がビデオの最適化パックを実装し、VDIを通じて従業員に高品質のビデオをもたらしています。
現在、グローバルで世界的な金融機関、製造業、ITベンダーと様々な業種で活用されています。

従業員にとって、インフラを意識せずに重要なコンテンツにアクセスする。

CitrixとQumuは互いにその世界をもたらすことにフォーカスしています。

先頭へ戻る