テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート
xSync に関するお問い合わせ・サポートはこちら

Web会議ツール「無料」「有料」どちらを選ぶ?

2016.05.24

Web会議ツール「無料」「有料」どちらを選ぶ?

インターネットがつながる環境とパソコンなどの端末があれば、簡単にできるWeb会議。無料版はコストが抑えられるので、多くの方に利用される一方、信頼性・セキュリティやサポートを重視する企業利用では、有料版を選ぶことも多いようです。本稿では無料版と有料版の違いや比較するポイントを説明します。

無料(無償)版と有料(有償)版の違いや比較する際のポイントを見てみましょう。

  無料Web会議 有料Web会議
安定性 多拠点接続や国際間での使用には不向きとの声も。 ネットワーク環境にもよるが、複数拠点や海外との接続が安定している場合が多い。
サポート ある場合もある。が、有料と比べるとメール対応のみなど、手薄い印象。 ある。サポート費用は利用料に含まれている場合や別途オプション費用がかかる場合がある。
コスト 無料 有料

安定性

通信環境にもよりますが、無料版は「1対1のコミュニケーションは問題なく使えるが、複数拠点になると接続が途切れてしまう」「海外拠点との会議では映像や音声の遅延がひどく、使いものにならない」といったお困りの声を耳にします。有料版もサービスや製品によって様々なので、無料トライアルなどの機会があれば、実際に試してみるのもひとつかもしれません。

サポート

障害時などに頼りになる、電話やメールでのカスタマーサポート。無料版は費用がかからないだけに、未対応の場合が多いようです。有料版でもサポート費用が別途かかったり、かからない場合でも、受付の時間帯が平日の9時~17時などと、限られたりするケースがあります。

コスト

言わずもがな、無料版は通信料以外、基本的にかかりません。有料版は通信料のほか、サービス利用料がかかります。サービス利用料も、ID数に対してかかるのか、利用する端末数に対してかかるのかなど、様々ですから、この点にも注意が必要です。また、導入時に初期費用がかかる場合もあります。

高品質でシェアNo.1、ビジネス利用に最適なWeb会議

有料版Web会議サービスのひとつである、ブイキューブの「V-CUBE ミーティング」は次のような点でおすすめです。

国内外の多拠点との接続も◎

「V-CUBE ミーティング」は、1対1はもちろん50端末の同時接続が可能です。「無料版だと途切れてしまう多拠点とのWeb会議が、当サービスで試したところ、問題なく利用できたので無料版から乗り換えた」という話もしばしば。また、独自のネットワーク網を利用することで、国際間でも安定した通信環境を実現しています。

サポートも◎

ブイキューブは、導入時、導入後も手厚いサポートを用意しています。導入時のサポートとしては、運用体制・フローのご提案、カメラ、マイク・スピーカーなどの最適な機器のご提案、接続診断など、運用に乗るまでしっかりサポート。
導入後は、24時間・365日、メールや電話で無償のサポートを用意していますので、日中はもちろん、休日や夜間の会議などのトラブル時にも安心です。また、管理者・利用者向けのマニュアルも充実。業務利用が定着しやすい環境づくりをサポートします。

使い勝手や機能面も◎

また、「V-CUBE ミーティング」は使い勝手でもご好評をいただいています。

必要最低限のボタンを配置したわかりやすいインターフェイスにより、Web会議を利用したことのない方でも、直感的に操作できます。

さらに、機能も充実。たとえば、デスクトップやアプリケーションの画面共有が可能です。会議中に同じ画面や資料を見たり、データを編集したり、といったことができますから、正確で効率的なコミュニケーションがしやすくなります。他社テレビ会議システムや利用中のグループウェアとの連携もできますので、利用環境に合わせてより便利で効率的な遠隔コミュニケーションを実現できます。

2016_0525_03.jpg

以上のことから、ブイキューブのWeb会議はクラウド市場で9年連続シェアNo.1*を達成。「V-CUBE ミーティング」をはじめ、ブイキューブの各種サービスを導入していただいた企業・団体は5,000社以上にのぼり、業種や企業規模を問わず、幅広いビジネスの現場でご利用いただいています。

無料版と比べると確かにコストはかかりますが、無料トライアルで使い勝手などをお試しいただくと、その違いが分かるかもしれません。「無料」「有料」どちらがよいかご検討の際、判断材料にしていただけると幸いです。

*株式会社シード・プランニング「2016 ビデオ会議/Web会議/音声会議/UC関連製品の最新市場動向」

導入事例紹介

先頭へ戻る