テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

テレビ会議の導入費用は?削減できるコストと比較して検討を

2020.06.19

テレビ会議の導入費用は?削減できるコストと比較して検討を

Web会議は、1対1や1対数名の少人数の打合せや、営業のオンライン商談などに向いているオンライン会議システムです。

一方、テレビ会議は、会議室などに据え置き型の専用デバイスを設置し、専用回線に接続して会議ができるシステム。内蔵されたカメラやマイクを通して、出席者の表情や音声をクリアに映すことができます。

無料でも十分に利用できるWeb会議が登場している中で、なかなかテレビ会議の導入に踏み切れない企業も多いはず。テレビ会議の導入には、初期費用と月額費用を想定しておく必要があります。

本記事では、テレビ会議システムの導入費用と、導入検討時に合わせて考えておきたいテレビ会議の導入で削減できるコストを解説します。

働き方の実践!「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」

ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド

働き方改革が始まり、「何から手をつければ良いかがわからない……」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。そのような課題解決の一手として導入を検討していきたいのが、テレワークです。

テレワークの導入には以下のようなメリットがあります。

  • 災害や感染症の蔓延時にも通常と同じように業務を継続できる
  • 通勤や移動の時間を有効活用し、大幅なコスト削減につながる
  • 地方や海外にいる優秀な人材をスムーズに確保できる

自社の働き方改革を成功させるため、ぜひ「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」をご参考ください。資料は無料です。

テレビ会議の選び方

テレビ会議は大人数でも全員の顔を映し出すことができ、専用回線により安定した通話が可能です。

ただ、安さを重視してテレビ会議を選んでしまうと、セキュリティ面で不安が残ったり、複数拠点で使用できなかったりと、実際に使用するシーンで問題が生じることもあります。

自社での活用シーンを具体的に思い浮かべ、必要な機能が備わっているか、便利に使いこなせるか等を検討してみてください。

>> テレビ会議システムはどう選べばいい? Web会議との違いを含めて解説

テレビ会議システムの導入にかかる費用

introduction_guide_web_meeting_camera_01

テレビ会議システムの導入には、ディスプレイやカメラ、マイク、スピーカー、専用回線が必要です。専用回線を使用せずにインターネットを活用したクラウド型のテレビ会議もありますが、その場合には専用ソフトのインストール費用がかかります。

つまり、テレビ会議システムの導入には、初期費用、月額費用がかかることを押さえておきましょう。

また、システム以外にも、専用会議室の確保が必要になることもあります。

初期費用の目安

まず、テレビ会議システム一式の導入費として、初期費用がかかります。ディスプレイ本体、カメラ、マイク、スピーカーの導入にかかる費用です。システムによっては専用回線の導入費用も含まれます。

システムによって初期費用は異なり、1万円〜20万円とさまざま。テレビ会議によって初期費用に差があるのは、月額費用や利用できる機能に差が生じているからです。

また、搬入費や設置指導費、登録手数料などが別途かかります。

月額費用の目安

テレビ会議導入後には、一定の月額費用がかかります。一度設備を整えたら無料で利用できるわけではありません。

月額費用もシステムや接続拠点数などによって異なり、3000円〜10万円と幅広いです。どんな機能がついてくるのかを確認してみてください。

初期費用と照らし合わせながら、トータル費用を計算してみることをおすすめします。また、数年ごとに機材の買い替え・修理が発生することもあるので、メンテナンス費用もかかることを想定しておきましょう。

V-CUBE Boxの価格

13年連続シェアNo.1*を獲得したブイキューブのテレビ会議システム「V-CUBE Box」であれば、1接続拠点あたり*月額11,000円〜で導入可能です。

テレビ会議システム本体、カメラ、マイク/スピーカー、リモコンが使用可能なハードウェアとしてついています。また、導入前サポートや導入後の無料セミナー開催などサポートも充実。7ヶ国語対応で、リアルタイム翻訳機能もあります。

PC画面共有や指差し機能、録画機能など、豊富に機能が搭載されています。

*株式会社シード・プランニング『2020 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション機器・サービス動向』

*テレビ会議システムの本体価格や、周辺機器の料金は含みません。

▼PC画面共有

introduction_guide_television-meeting-cost?_01

PCの画面を参加者に共有できます。資料やデータを確認しながら会議を進めることができます。

▼指差し機能

introduction_guide_television-meeting-cost?_02

画面共有時に、共有された側が資料に指差しすることができます。資料をもとに指摘箇所を素早く正確に指し示すことが可能です。

▼録画機能

introduction_guide_television-meeting-cost?_03

会議の様子を録画できます。不参加だった人への共有や、研修用の動画として活用できます。

このような充実した機能やサポートがありながら、3年間の想定運用コストは396,000円〜。他のテレビ会議システムと比較したときに、費用総額はおよそ3分の1に抑えることができます。



テレビ会議
(A社)

V-CUBE Box テレビWeb会議
(B社)
ゲスト対応

不可

  • 会議の参加者は全員、ID登録(電話番号必須)をしてログインする必要がある

可能

  • 会議に参加するためのURL(招待用URL)にアクセスすれば、IDを持たない相手とでも接続できる
可能
  • 会議に参加するためのURL(招待用URL)にアクセスすれば、IDを持たない相手とでも接続できる
通信体制

既設のインターネット
回線で利用可能

既設のインターネット
回線で利用可能

専用線を導入する必要あり
PC画面共有 あり あり あり
録画 - あり あり
モバイル対応
  • iOSのみ
  • iOS
  • Android
  • iOS
  • Android
サポート
  • 24時間やメールと音声でのサポートあり(英語のみ対応)
  • 24時間・365日電話対応やメールでのサポートあり(日本語対応)
  • 導入前サポート、導入後の無料セミナー開催なども充実
  • iOS
  • Android
グローバル
対応
  • 一部の国で制限あり
  • 7ヶ国語対応で海外拠点でも利用できる。海外専用のネットワーク環境で実務利用に適している※1
  • 国際会議では、最新の音声認識技術・自動翻訳技術を使ったリアルタイム翻訳あり※1
  • グローバルに全国対応
料金
イメージ

月々98,000円〜/ ポート※2
+別途サービス使用料:6,500円/ 月

<使用可能ハードウェア>
・テレビ会議システム本体
・カメラ2台
・マイク/スピーカー

3年間の想定運用コスト
586,800円〜

月々11,000円〜/ ポート※2
ローカルプラン

<使用可能ハードウェア(3年間の保証つき)>
・テレビ会議システム本体
・カメラ
・マイク/スピーカー
・リモコン

3年間の想定運用コスト
396,000円〜

・テレビ会議システム本体価格:248,000円
・サービス利用料:101,000円/ 年
+別途アプリ使用料:30,000円/ 年

3年間の想定運用コスト
641,000円〜

※1 PCからV-CUBE Boxへ接続した場合

※2 ポートとは、接続拠点のことです。例えば東京・大阪・名古屋・シンガポールで同時接続をしたい時には、4ポートを導入する必要があります。テレビ会議システムの本体価格や、周辺機器の料金は含みません。

テレビ会議システムの導入で削減できるコスト

テレビ会議の導入を検討する際には、導入前の会議に比べてどのくらいのコストを削減できるのかを計算してみることをおすすめします。削減できるコストが大きければ大きいほど、魅力的に感じられるでしょう。

テレビ会議は多拠点を遠隔でつなぐことができるので、以下のようなコストの削減に繋がります。

  • 交通費
  • 宿泊費

実際に年に何回、何人の社員が支社から本社へ集まって会議をしているのか、などの具体的なケースで試算をしてみましょう。

月2回、2名が大阪から東京へ移動して会議を行っている場合、仮に1ヶ月で10万円かかっていると想定すれば、年間120万円のコスト削減になります。

また、複数の拠点を持つ企業の社内イベントや、国際会議などの社外イベント開催時には、以下のようなコストも抑えられます。

  • 会場設営費
  • 人件費
  • 運送費(備品など)
  • 印刷費(配布資料など)

まとめ|現状と導入後のコストを比較し検討しましょう

決して安くないテレビ会議ではありますが、削減できるコストを計算して検討してみてください。もし削減コストが導入費用に見合ってくる場合、一度テレビ会議を導入してしまえば、海外拠点との会議など、多様な会議やイベントが実施可能になります。

テレビ会議は大掛かりな設備投資が必要というイメージがありますが、最近は中小企業でも導入できるようなソフトウェアも登場しています。

実際の利用シーンを具体的に想定し、必要な機能や性能を洗い出して検討していきましょう。

働き方の実践!「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」

ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド

働き方改革が始まり、「何から手をつければ良いかがわからない……」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。そのような課題解決の一手として導入を検討していきたいのが、テレワークです。

テレワークの導入には以下のようなメリットがあります。

  • 災害や感染症の蔓延時にも通常と同じように業務を継続できる
  • 通勤や移動の時間を有効活用し、大幅なコスト削減につながる
  • 地方や海外にいる優秀な人材をスムーズに確保できる

自社の働き方改革を成功させるため、ぜひ「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」をご参考ください。資料は無料です。

先頭へ戻る