Web会議・テレビ会議などのクラウドサービスはV-CUBE

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

日本メナード化粧品株式会社 様

新美容液のプレス向け発表会で、iPadと連携させてプレゼン
「従来の発表会より、よく理解できた」と記者からも高評価

インタビュー

日本メナード化粧品株式会社  宣伝部東京広報室 濱田理絵氏に、V-CUBE ミーティング導入の背景、課題、決め手、効果、そして展望について詳しくお伺いしました。

課題

日本メナード化粧品株式会社  宣伝部東京広報室 濱田理絵担当係長
日本メナード化粧品株式会社  宣伝部東京広報室 濱田理絵担当係長
  • プレス向けの新商品発表会で活用したい
  • iPadでV-CUBE ミーティングを使うプレゼンを企画

化粧品、健康食品、インナーウェアの研究開発・製造販売や、リゾート、美術館、エステティックサロンの運営など、多角的に商品・サービスを展開する日本メナード化粧品株式会社。今年(2011年)6月21日には、新しい美容液「プログラム30」 を発売した。

同美容液は、真夏と真冬に特有の環境ダメージがあるという最新の研究成果を反映し、化粧品業界で初めて「クリーンSLG」という新成分を配合。ハリやうるおいのある肌に導く。

これまでにない新しいアプローチが特長の美容液だけに、同社宣伝部東京広報室では、プレスの方々に研究成果や商品特長について深く理解してもらいたいと考えた。そこでプレス向けの新商品発表会も従来の大会場で大人数に対して行う形式ではなく、少人数を対象にiPadを使って説明する新しいスタイルの発表会を企画。そしてiPad上でプレゼンを行うための方法として、V-CUBE ミーティングが選ばれた。


決め手

新美容液「プログラム30」のブランドカラ―に彩られたiPad
新美容液「プログラム30」のブランドカラ―に彩られたiPad
  • 導入の容易さと、操作が簡単ですぐに使えたこと
  • 導入費用が安価な上、機密性が高いことも安心材料に

プレゼンターの話の流れに合わせて出席者全員のiPad上の資料が同時に動かせるサービスを探し始めた東京広報室に、同社の情報システム部がV-CUBE ミーティングを推薦したのだという。情報システム部は以前にプレゼンに使えるサービスをいろいろと検証したことがあり、V-CUBE ミーティングは「資料をめくる動作がスムーズで使いやすい」ので最良、という結論がすでに出ていたのだという。

東京広報室担当係長の濱田理絵さんは「専用のiPadアプリを入れ、会場に無線LANの環境を作れば使えるという導入の容易さと、操作が簡単ですぐに使えたこと。導入費用が安価な上、機密性が高いことも安心材料となった」と語る。また、運用に関しても、「システムを申し込んで、すぐに対応してもらえたスピードと、担当の方に細かく相談にのっていただけたことも決め手となった」と話す。

効果

深く理解してもらうため、少人数形式で開かれた記者発表会
深く理解してもらうため、少人数形式で開かれた記者発表会
  • 「従来の発表会よりも、とてもよく理解できた」と好評
  • 商品や研究について多くの質問が出されるなど、質疑応答も活発に

プレス向け新商品発表会は発売3カ月前の3月に5日間、都内のレストランを会場に開かれ、1日2回、記者5~7人ずつを対象に少人数形式で行われた。

記者は1人1台、美容液「プログラム30」のブランドカラ―に彩られたiPadを使い、V-CUBE ミーティングのホワイトボードに掲示された商品概要や研究背景、肌変化の写真、「クリーンメソッド」と呼ばれるマッサージを兼ねた美容液の塗り方など20枚以上の資料を見つつ、30分ほどの説明を受けた。

濱田さんによると、「説明後、記者の方々は、見直したい資料を再確認されたり、気になった写真やグラフを拡大されるなど、資料をじっくりご覧いただけた。モニターやプロジェクターを使った従来の記者発表会よりも、深くご理解いただけたのではないかと思う。また参加者の方から「よく理解できた」とのお声もいただくことができた」と大変好評だったという。

濱田さんは「プレゼン後の質疑でも、商品や研究について多くのご質問をいただき、大変活発だった。当初の目的であった商品や研究について深く理解していただくことに対して、今回の活用は効果があったと評価している」と話す。

展望

6月21日に発売された新美容液「プログラム30」
6月21日に発売された新美容液「プログラム30」
  • 距離を感じさせないプレゼンや情報共有を検討したい
  • 動画やアニメーションの活用にも期待

今回は研究員などの本社スタッフは、名古屋から東京の会場に来て参加していた。濱田さんは「今後、商品特性に適せば、リアルタイムで名古屋の研究所と会場を結んで距離を感じさせないプレゼンや情報共有も検討してみたい。また動画やアニメーションも活用してみたい」と期待を込めた。

※1 現在は「V-CUBE ドキュメント」として、個別のサービスでも利用いただけます。

取材後記

普通の企業でも記者発表となると相当に力を入れるが、化粧品会社のそれとなると、こだわりの度合いはさらに高まる。ブランドイメージや化粧品使用後の肌の質感など、資料写真の見え具合や色合いも徹底的に吟味される。今回の導入事例でも紹介したように、日本メナード化粧品株式会社様はiPadをブランドカラ―で彩ったほど。その厳しい選択眼にV-CUBE ミーティングがかない、そして実際に発表の場で役割を果たして記者の皆さんからも高い評価をいただけたことは、V-CUBE ミーティングにとっても機能や性能の証明になった。Web会議以外の目的で活用されたユニークな事例だが、プレゼンなどにも充分利用できるというモデルケースといっていいだろう。

※本事例は2011年7月に取材した内容を基に作成・掲載しております。

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)

社名
日本メナード化粧品株式会社
業種
化粧品および医薬部外品、健康食品、インナーウェア等の研究開発、製造販売
URL
http://www.menard.co.jp
本社所在地
名古屋市中区丸の内

先頭へ戻る