テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート
xSync に関するお問い合わせ・サポートはこちら

アフター市場・サポート

顧客満足度の向上とコスト削減を両立したい

保守・メンテナンス担当者の悩み

保守・メンテナンス担当者の悩み

保守・メンテナンスの担当者は、増えるばかりの維持コストの削減と技術者不足に相反するように、従来よりも更に高品質なサポート対応と顧客満足度の向上を、常に求められています。
V-CUBEはビジュアルコラボレーションの力で、こうした課題の解決をご提案します。

技術者不足を解消

現場のリアルタイム映像を多拠点で共有

現場のリアルタイム映像を多拠点で共有

現場担当者に専門的な知識が無くても、これからは不要な再訪問の必要はありません。
xSync Prime Collaborationなら、別の現場に出ているベテラン技術者に、映像を共有しながら作業指示を仰ぐことが可能です。

再訪問防止・対応時間短縮

ウェアラブル端末の視野に、直接指示を書き込む

ウェアラブル端末の視野に、直接指示を書き込む

支援中に、作業者の視野にペン書きしながら指示ができます。
その場で疑問が解決するので、再訪問も少なく、対応時間が大幅に短縮可能です。

再発防止・顧客満足度UP

トラブル対応方法を、全拠点へ一斉に伝達

トラブル対応方法を、全拠点へ一斉に伝達

障害発生現場の状況を全拠点で共有し、役員・管理職含め一斉に会議に参加。現場の映像を共有し、ペン書きも全拠点で同時に可能なため、正確な情報を伝達できます。
トラブル状況を関係者へ横展開すれば、その場で再発防止策を教育できます。

提案型サポート・対応スピードUP

IoT情報を利用した、攻めのアフターサポート提案

対応消耗品の閾値を設定し、サービスマンが部品交換や修理時期の把握をすることで「先手」を打つことができます。受け身になりがちな部品交換やオーバーホール、整備などのアフターサービスを“攻めの提案”に。

IoT情報を利用した、攻めのアフターサポート提案
 

緊急対策ソリューション
関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規導入に関するお問い合わせ
(平日10:00〜18:00)

Webサイトからのお問い合わせ

もしくは

先頭へ戻る