テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

株式会社馬里奈 様

毎朝、中国の上海や広州にある生産工場・本社・物流センターの3拠点をつないで品質会議を実施。

国際電話の代わりにWeb会議を使うことで、通信コストを15%削減することに成功。

 株式会社馬里奈 様

婦人靴の卸業からスタートし、創業50年を超えた現在ではフットウェア全般の企画・生産・販売を行う。靴専門商社となった株式会社馬里奈。ファッション性の高いリーズナブルな価格のシューズが人気を集めている。

課題
  • 海外拠点3ヵ所との品質管理
決め手
  • 鮮明な画像と コストパフォーマンス
効果
  • 業務生産性向上とコスト削減

インタビュー

株式会社馬里奈様ではV-CUBE ミーティングを導入した経緯と活用状況について、同社株式会社 馬里奈 代表取締役社長 中澤 文宏氏に、詳しくお伺いしました。

課題

ファッション性の高さとリーズナブルな価格で人気の馬里奈のシューズ
ファッション性の高さとリーズナブルな価格で人気の馬里奈のシューズ

商品の品質管理を徹底するために、本社・物流センター・中国の生産工場でリアルタイムに情報交換をしたかった。

創業50年を超えた現在ではフットウェア全般の企画・生産・販売を行う靴専門商社となった株式会社馬里奈。 国内拠点は東京本社と神戸支店。物流センターや中国に専属工場を構えている。

製品である靴の8割以上は中国の上海エリア、広州エリアにある専属工場で生産し、神奈川県秦野の物流センターから全国に出荷している。 製品は多くの拠点を経由して、お客様の元へ届けられるので、デザインや色のチェックといった品質管理を、本社、中国、物流センターで同時に行う必要性を重視し、Web会議の導入が検討された。

決め手

株式会社 馬里奈 代表取締役社長 中澤 文宏氏
株式会社 馬里奈 代表取締役社長 中澤 文宏氏

色やデザインのチェックを鮮明な画像を見ながらやり取りができ、さらにコストパフォーマンスがよかった。

これまではテレビ会議を使っていたが、画像の鮮明度やコストパフォーマンスがより良いことから、V-CUBE ミーティングを2009年3月に導入。 中澤社長は「品質のチェックなので、画が重要だった。サンプルの色の通りに生産されているか、この仕様でいいのか、営業と生産と物流がリアルタイムで情報交換できるサービスでなければ、どうしてもいけなかった」と話し、「V-CUBE ミーティングは画像が鮮明で、靴の細かいところまで見られる。さらに、つなぎっぱなしでもコストパフォーマンスがいい」と決め手を語る。

効果

東京本社で品質管理を担当する劉 在松氏
東京本社で品質管理を担当する劉 在松氏

不良品に対する迅速な判断と意思決定が可能になり、ビジネスのスピードアップを図ることができた。コミュニケーションをWeb会議に変えることで、通信コスト全体の削減にも貢献。

東京本社で品質管理を担当する北京出身の劉在松(りゅう・ざいしょう)氏は、V-CUBE ミーティングは導入したその日から実践的に使えたといい、「月曜から金曜まで毎朝の朝礼後に各拠点がログインして、前日に出た不良品事例を情報共有している。中国は日本と比べるとインフラが悪いが、デジカメとV-CUBEミーティングのホワイトボード機能を組み合わせて使うことで、靴の細部までクッキリした高画質の静止画を共有することができるので、靴の不良個所にペンツールで印を付けるなどして細かな部分まで確認している。その後もWeb会議をつなぎっぱなしにして、何か問題が出たら互いに呼び合って、即時に解決している」と使用状況を話す。

「仕事のスピードのために導入したが、通信コストの点でも効果は大きく上がっている」と中澤社長。「毎月、固定使用料のみの支払いで、さらに国際電話の必要もなくなった。これまで電話でやっていたことは、いまは基本的にV-CUBE ミーティングを使っている」と話す。 また、劉氏も「不良品に対する迅速な判断と意思決定ができるようになったのが一番の効果。お客様、協力生産工場、社員にも素早く情報発信できるようになった」と、ビジネススピードのアップを筆頭に挙げる。
これまでは不良品が出た場合、写真を撮って、メールに添付して送信。関係者がそれぞれに、そのメールに対して返信という進み型だったが、即時に関係者全員で対策を話し合えるようになり、現場からは「便利だ」と喜びの声が上がっているという。

展望

現状は本社、中国、物流センター間をつないでWeb会議を行っているが、今後は協力関係にある中国各地の生産工場にも導入して、より現場との連携を密にして品質管理を徹底していきたいという。

また将来的には、現地に出張した社員がモバイルを使って日本との会議に参加できるような使用法も検討しているという。

取材後記

製造から小売までを統合し、最も無駄のない販売業態で国内でも急成長しているSPA企業。今回インタビューさせていただいた株式会社 馬里奈様は、SPAというビジネスモデルの中でV-CUBE ミーティングを使い、品質管理をより徹底的、かつ効率的に行いつつ、通信コストも大幅に削減させた。品質向上と業務効率のアップ、コスト削減を両立させた好例といえる。

※本事例は2011年2月に取材した内容を基に作成・掲載しております。

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)

校名
株式会社馬里奈
URL
http://www.mar-c.jp/
住所
東京都大田区田園調布1-33-4
業種
婦人服の企画・製造・卸・小売
従業員数
92名

先頭へ戻る