Web会議・テレビ会議などのクラウドサービスはV-CUBE

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

V-CUBEのはじまり

自分が“ヘビーユーザー” として納得いくものを、使っていただく。
その想いで、前へと、歩んでいます。

V-CUBEは、私が学生時代、企業のウェブサイトを制作したことにはじまります。当時はサイト制作だけでなく、様々なネットサービスも開発していました。例えば、ネット上に手書き入力で「寄せ書き色紙」をつくる技術を開発し、特許を取得。現在、Googleや Yahoo!が提供しているようなカレンダー機能も彼らに先駆けて開発し、社員同士で活用したりしていました。そんなアイデア技術者集団でした。

Web会議は、ロサンゼルスでの子会社立ち上げがきっかけで思いついたアイデアでした。当時、困っていたのが、現地社員とのコミュニケーションをどうするか。毎週行くわけにもいかず、テレビ会議の導入には1千万円近く必要でした。もちろん、当時そんな余裕ありません。ならば自分たちで作ろうと、インターネット回線を利用したWeb会議を自社開発したのです。必要に迫られて使えば、ヒントが見えてきます。あそこはこうならないか、こうした方が良い。そうやってインターフェースや機能を改善、やがて自分たちのように、離れた場所同士でのコミュニケーションに課題のある他の会社でも使ってもらえるようにV-CUBE(nice to meet you)として販売を開始しました。

私たちは、社員間のやりとりで、毎日V-CUBE(nice to meet you)を使います。それは自分たちがヘビーユーザーとして効果が実感できるサービスを、皆さまに「ご利用いただく」ことが目的だからです。ビジネスとして「売る」だけが目的ではないのです。

V-CUBEは、いまでもその想いで、前へと歩んでいます。そして大手企業のお客様はもちろん、あの時の私たちのような会社にも使ってもらいたい。そう思っています。

先頭へ戻る