お問い合わせ ・資料請求

つくばエクスプレス駅・商業施設にテレワークのための個室型ワークブース「テレキューブ」を設置します

2021.02.25

つくばエクスプレス駅・商業施設にテレワークのための
個室型ワークブース「テレキューブ」を設置します

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(代表取締役社長 柚木 浩一、本社:東京都千代田区)では、ブイキューブの関連会社であるテレキューブサービス株式会社(代表取締役社長 小山田 佳裕、本社:東京都千代田区)が展開する、遮音性が高くプライバシーが確保された環境を実現する個室型ワークブース「テレキューブ」を、TX秋葉原駅、TX流山おおたかの森駅およびTX守谷駅の3カ所に設置します。

p20210225_1400_01

<左:「テレキューブ」外観イメージ、右:「テレキューブ」室内イメージ>

「テレキューブ」は、“ビジネスパーソンが周囲に気兼ねなく働けるセキュリティの高いコミュニケーションスペース”をコンセプトに作られた個室ブースです。ICTを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」の浸透に伴い、移動の合間における資料作成や、外出先でのビジネスに関する電話やWEB会議が必要な際にご活用いただけるものです。
「テレキューブ」を設置することで、駅及び駅商業施設の利便性向上を図ります。
詳細は、下記のとおりです。

(1)稼働日
2021年3月1日(月)
※TX流山おおたかの森駅に設置するテレキューブは3月4日(木)に稼働します。

(2)設置場所ならびに利用可能時間等

設置 TX秋葉原駅 TX流山おおたかの森駅 TX守谷駅
設置場所

改札階コンコース

A3出口 ヨドバシカメラAkiba方面

こかげテラス

商業施設内

TXアベニュー守谷

フードコート内
設置台数 1 2 1
首都圏新都市鉄道(株)

東神開発(株)

(こかげテラス運営者)
首都圏新都市鉄道(株)
利用可能時間 700 ~ 2100

15 分につき250 円(税抜)

利用方法 (1)【会員登録】専用Web サイト(https://telecube.jp)またはQR コード読込より会員登録(初回のみ)

p20210225_1400_02 

(2)【利用予約】会員登録後、専用Webサイトで利用予約
(3)【入室方法】テレキューブ本体に表示されているQRコードを利用者のスマートフォンで読み取り、開錠
決済方法

クレジットカード決済、または法人宛一括請求

提供機能

デスク椅子 照明 / Wi-Fi / 冷暖房(TX秋葉原駅のみ)電源(コンセント×1USB コネクタ×1

底辺1.2m×幅1.2m、高さ2.3
感染対策

・天井部に空気孔とファンを設けて、1分以内での完全換気機能搭載

・菌やウイルスを不活性化する「まるごと抗菌コーティング」の施工

 

p20210225_1400_03

設置駅 : TX秋葉原駅
設置場所 : 改札階コンコース A3出口 ヨドバシカメラAkiba方面

p20210225_1400_04

設置駅 : TX流山おおたかの森駅
設置場所 : こかげテラス商業施設内

p20210225_1400_05

設置駅 : TX守谷駅
設置場所 : TXアベニュー守谷 フードコート内

(3)「テレキューブ」について
新型コロナウイルスの流行を受け、注目が高まっているテレワーク。以前より進められていた働き方改革の手法に加え、感染症対策として普及が進んでいますが、集中できる環境やWEB会議に最適な場所を、外出先や自宅で十分に確保するのは難しいのが現状です。また、テレワークに利用されることの多いカフェやサテライトオフィスといった空間は、セキュリティの面で課題があります。秘匿性のある情報を取り扱いながらの資料作成や電話などに適しておらず、隙間時間の有効活用を実現するテレワークをするための理想的な場所が不足しています。「テレキューブ」は、こうした「テレワーク難民」が抱える課題を解決するために開発された、個室型ワークブースです。内部にはテーブル、イス、電源コンセントなどがあり、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務や、電話・Web会議などでのコミュニケーションが可能です。

<お問い合わせ先>
首都圏新都市鉄道株式会社 広報課
電話:03-5298-5746 / FAX:03-5298-5809

テレキューブサービス株式会社 広報担当 山本
電話:03-6386-5319 / Email:support@telecube-svc.co.jp

先頭へ戻る