テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

V-cubeのWeb会議システムに、大日本印刷のデジタルペン手書き機能を追加

2012.09.12

V-cubeのWeb会議システムに、大日本印刷のデジタルペン手書き機能を追加
― 自然な手書き入力で遠隔地間のコミュニケーションを活性化 ―


株式会社ブイキューブ
大日本印刷株式会社

株式会社ブイキューブ(以下: V-cube)と大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、V-cubeが提供するWeb会議システムに、DNPのデジタルペンを使った会議・プレゼンテーション支援システムを組み込み、より活発なコミュニケーションを支援するサービスを9月12日より共同で販売開始します。

【V-cubeのWeb会議システムについて】
V-cubeのWeb会議システムは、パソコン上で遠隔地間での音声や映像のやり取りに加え、デジタル資料の共有やマウスを用いた書き込みなどの機能を、簡単な操作で使用しながらコミュニケーションできるシステムです。このWeb会議システムを利用することで、外出先からミーティングに参加したり、遠隔地での業務をサポートするなど、「会議」をはじめとした多様な用途への展開が可能です。また、タブレット端末やスマートフォンを使って遠隔地とのコミュニケーションも可能です。

【DNPのデジタルペン機能を追加したWeb会議システムについて】
会議や研修などでは、補足説明のために、ホワイトボードに手書きで図やイラストを記載することがありますが、V-cubeのWeb会議システムの場合、マウスで書き込みを行うため、実際の紙やホワイトボードに書き込むような操作感が得られにくいという利用者の意見がありました。今回、デジタルペンを用いた手書き機能をWeb会議システムに追加することで、口頭での説明では理解困難だった内容に対して図やイラストなどを用いて補足伝達することが迅速かつ容易になり、今まで以上に遠隔地間のコミュニケーションを活性化させます。また、このデジタルペンは専用の紙や専用のホワイトボードに直接書き込めるアノト方式デジタルペンを採用しているため、通常のペンと同様に滑らかで書きやすい使用感です。

【連携システムの特長】
専用ホワイトボードにプロジェクターで資料画像などを投影し、投影した資料の上にデジタルペンで情報を書き込むと、その内容が、Web会議システムの情報共有画面に自動的にリアルタイムでアップロードされます。このインタラクティブホワイトボード機能により、複数拠点を結んだディスカッションの場合、ある拠点で資料に書き込んだ情報を、遠隔地にいるメンバーにもその場で共有できます。音声や参加者の顔映像を併せて利用することで、より円滑なコミュニケーションを実現します。

【想定導入シーン】
・複数の遠隔拠点を結ぶ研修・セミナーにおいて、講師の板書内容を全拠点に配信
・メーカーや建設会社などの遠隔会議において、設計図面への書き込み内容をメンバー内で共有
・国内外における遠隔会議で、口頭だけでは伝えにくい事項の補助ツール

【価格(税抜き)】
・Web会議システム V-CUBE ミーティング : 44,900円~/月間
・インタラクティブホワイトボードオプション OpenSTAGE : 一式 190,000円
(デジタルペン用マグネットスクリーン、ソフトウェア、デジタルペン1本)


【今後の取り組み】
V-cube とDNPは、さまざまな業界の企業や教育機関などへ本システムを提供し、3年間で約3億円の売上を目指します。


※V-CUBEは株式会社ブイキューブの登録商標です。
※OpenSTAGEは大日本印刷株式会社の登録商標です。


株式会社ブイキューブ 本社:東京 社長:間下直晃 資本金:4億円
大日本印刷株式会社 本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円

-以  上-

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ブイキューブ マーケティング本部 TEL:03-5768-3308
大日本印刷株式会社 広報室 新海 田美夫 TEL:03-5225-8219

先頭へ戻る