テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

パートナーシップ証明書の利用開始のお知らせ

2020.04.30

パートナーシップ証明書の利用開始のお知らせ

株式会社ブイキューブ(本社:東京都港区、代表取締役社長:間下直晃、以下 ブイキューブ)は、一般社団法人Famiee(所在地:東京都千代田区、代表理事:内山幸樹、以下、「Famiee」)が2020年7月より発行開始する家族関係証明書「パートナーシップ証明書」を利用することをお知らせいたします。

近年、「家族」という概念は多様化しており、LGBTのカップル、事実婚のカップル、精子・卵子提供を受けた親子、代理母の協力を得た親子など、従来の概念での「夫婦」「親子」「家族」に当てはまらない新しい家族の形態が可視化されてきています。しかし、従来の家族の概念に基づいて作られた社会制度の中で、新しい概念に基づき生きる人たちは、多くの困難に直面しています。
このような状況に対して、Famieeでは、多様な家族形態の人たちが当たり前のように認められるプロジェクトを推進されています。同性カップルや事実婚カップル等、法的には婚姻関係と認められない多様な家族形態の人たちが、住んでいる国や地区などに関らず家族関係を証明する家族関係証明書を発行し、家族向けサービスや権利を提供する民間企業を増やすとともにブロックチェーン技術を活用して半永久的に家族関係証明書のデータを保管する活動に取り組まれています。その第一弾として、2020年7月より、同性パートナー向け「パートナーシップ証明書」の発行をスタートされます。

ブイキューブは、「Evenな社会の実現」というミッションを掲げ、すべての人が平等に機会を得られる社会の実現を目指しています。「いつでも、どこでも、自分らしく」全社員が働ける環境作りを目指しており、Famieeが推進されるプロジェクトに賛同し、家族向け福利厚生サービスの充実ならびにダイバーシティの推進を図ってまいります。

Famieeの活動については、こちらをご覧ください。
https://www.famiee.com/

【ブイキューブとは】https://jp.vcube.com/
ブイキューブは「Evenな社会の実現」というミッションを掲げ、「いつでも」「どこでも」コミュニケーションが取れる環境を整備することで、時間や距離の制約によって起こる様々な機会の不平等の解消に取り組んでいます。ビジュアルコミュニケーションによって、人と人が会うコミュニケーションの時間と距離を縮め、少子高齢化社会、長時間労働、教育や医療格差などの社会課題を解決し、すべての人が機会を平等に得られる社会の実現を目指します。

【報道関係のお問い合わせ先】
株式会社ブイキューブ  社長室 広報担当
TEL : 03-5475-7250     E-mail : release@pj.vcube.co.jp

先頭へ戻る