テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談はこちら
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート
xSync に関するお問い合わせ・サポートはこちら

ブイキューブとパイオニアVC、ドローンを活用した実証実験を開始、同時に新たなパートナーを募集

2015.02.16

ブイキューブとパイオニアVC、ドローンを活用した実証実験
を開始、同時に新たなパートナーを募集



株式会社ブイキューブ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:間下直晃、以下ブイキューブ)とパイオニアVC株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:原清、以下パイオニアVC)は、ドローン(小型無人飛行機)を活用した新たなコミュニケーションスタイルの実現を目指した実証実験を、パートナー企業とともに開始いたします。

PDFで開く このリリースをPDFで開く

ブイキューブは、ドローンの商用利用に必要不可欠な技術開発をおこなうRapyuta Robotics株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:Gajamohan Mohanarajah、以下ラピュータ社)に出資をおこない、鉄鋼所など高所や煙突があるプラントや設備の保守点検、橋梁やトンネルなど社会インフラの点検、市区町村における災害対策分野において、年内のサービス提供開始を目指し、共同でのサービス開発に取り組んでいます。(※1)

ブイキューブは、開発中のサービスを利用した実証実験を進めていくため、災害対策分野において国土交通省などをはじめとした官公庁での実績をもつパイオニアVCと連携いたしました。今回、より多くの利用シーンでの実用性を検証していくため、実証実験に参加いただける企業や市区町村をパートナーとして募集いたします。

(1)趣旨
ブイキューブでは、設備保守、社会インフラ点検、災害対策分野におけるドローン活用の実用化と普及を通じ、新たなコミュニケーションスタイルの実現を目指しています。今回の実証実験は、製品化や販売における有効なデータの把握、実用化や市場での普及促進を目的として、場所と期間を限定して試行・検証・評価をおこなうものです。

(2)募集する実験内容について
開発中のドローンを活用したサービス実用化に向け、下記の分野における実証実験を計画しております。これらの分野でご協力いただけるパートナーを募集いたします。
 ■鉄鋼所やプラントの設備保守点検における活用
 ■橋梁やトンネルなど社会インフラ点検における活用
 ■市区町村の緊急災害対策における活用

(3)パートナー応募期間
 ■2015年2月16日(月)〜25日(水)

(4)応募資格
 ■国内に研究・活動拠点を有する法人、ならびに市区町村

(5)応募要項
 ■提出書     : 必要事項を明記の上、下記のフォームよりエントリーください。
 ■提出先     : 株式会社ブイキューブ Rapyutaプロジェクト事務局
 ■応募フォーム  : https://jp.vcube.com/drone/

(6)実証実験の実施期間
 ■2015年3月5日(木)〜27日(金)

(7)選定方法
ご応募いただいた内容をもとに審査を行い、2015年3月4日(水)までに、すべての応募者に通知いたします。 選考基準は、特に下記の項目に重点を置きます。
 ■ニーズとのマッチング、および、遂行可能と認められるテーマであること。
 ■テーマ設定や検証方法に関して新たな着眼点が見られ、今後の展開が期待できること。

ブイキューブでは、新たなビジュアルコミュニケーションの実現を目指し、段階的にドローンを活用したサービスを提供してまいります。

(※1)ラピュータ社は、チューリッヒ工科大学の認定ベンチャーです。詳細は、こちら(http://www.rapyuta-robotics.com/jp/index.html)をご覧ください。


【会社概要】
商号    :株式会社ブイキューブ(V-cube, Inc.)
URL      :https://jp.vcube.com/ (コーポレートサイト)

【会社概要】
商号    :パイオニアVC株式会社
URL      :http://pioneer.vcube.com
【報道関係のお問い合わせ先】
株式会社ブイキューブ  社長室 広報担当
TEL : 03-5768-3308 FAX : 03-6866-5601 E-mail : release@pj.vcube.co.jp
パイオニアVC株式会社 広報担当
TEL : 03-6867-1083 E-mail : xsync_sales@pioneer.vcube.com 

先頭へ戻る