Web会議・テレビ会議などのクラウドサービスはV-CUBE

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

ブイキューブ、Web会議専用機型の『V-CUBE センター』を発売

2010.10.13

タッチパネル操作で誰でも簡単に使えるWeb会議ソリューション提供
ブイキューブ、Web会議専用機型の
『V-CUBE センター』を発売
 
Web会議やウェビナーをはじめとする「いつでも、どこでも、だれでも」使えるビジュアルコミュニケーションサービスを開発、提供する株式会社ブイキューブ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 間下直晃(ました なおあき))はタッチパネル型PCとWeb会議がセットになったオールインワンモデルの『V-CUBE センター』を、11月初旬に発売いたします。

PDFで開くこのリリースをPDFで開く


Web会議は世界中どこからでも会議に参加できたり、資料共有や資料の共同作成等が優れている一方で、パソコンでブラウザを開いてログインしたり、カメラやヘッドセットなどを接続しなければならないなど、利用開始までが煩雑であるというイメージがありました。また高画質な臨場感にも欠けていると評されていました。

 
『V-CUBE センター』は、上記のような、これまでのWeb会議におけるネガティブなイメージを覆すと同時に、資料の共有などWeb会議の機能も同様に使える、全く新しい発想のソリューションサービスです。また、現在使用しているテレビ会議との連携や、iPhone、Android(R)のようなスマートフォン、iPadに代表されるタブレット型など様々なデバイスとも連携が可能です。
 
 
■主な特長は以下の通りです。
 
・電源を入れるだけで、すぐに利用が可能。
・タッチパネルによる直感的な操作が出来るため、誰でも簡単に使用できる。
・導入にかかる手間とコストが削減できる
・専用PCのため、セキュリティー性が高い。
・持ち運びが出来るので会議室、自席、研修会場など、場所を選ばず利用が可能。
・『V-CUBEセンター』を持っていない第三者PCを招待可能。
 
 
PCgamen.jpg
 
 
当社は、発売と同時に「IT Pro Expo(2010年10月18日(月)~20日、東京ビッグサイト)」にて
発売に先駆けて、デモンストレーションと体験コーナーを設けます。
 
また、次年度は300社の導入と、3億円の売り上げを見込んでいます。
 
 
 
【V-CUBE センターについて】 
 
●コンセプト:「タッチパネル操作で誰でも簡単に使えるWeb会議」

●特設サイト:http://テレビ会議.jp/service/center/

●想定利用シーン

1) 役員会議
・据え置きにし、モニターサイズを大きくすることによりテレビ会議と同様の利用ができる。
・テレビ会議にはない、資料共有機能などをタッチパネルで行うことができる。

2) 企業での各種研修
・ペーパーレス会議、研修が実現可能。
・デスクトップ型のため、PCが付与されていない時期の新入社員の研修や、
工場など、一人に1台PCを使用しない場所でも、1台で複数人数の参加が可能。

3)学習塾での授業
・毎回、生徒が入れ変わる教室でも、常時設置しておくことで、電源を入れればすぐに授業が
開始できる。
・ホワイトボードに関してはタッチパネルなのでタブレットのようにフリーハンドで書き込め、
マウスやキーボード操作に時間をとられることなく、直観的な反応ができるため、学習の
スピードが向上し、早期理解促進にもつながる。

4)商業施設などでの案内板として
・広い商業施設の中に設置しておくことで、来場者が知りたい情報を、ガイドがオンラインで
登場し、直接知らせることができる。


など、用途に応じて、様々な利用ができる
yakuin.jpgkaigishitu.jpgkensyuu.jpgsyougyoushisetsu.jpg








●パッケージ内容

【ハードウェア】
・タッチパネル一体型PC (Lenovo M90Z)
Lenovo M90Z の詳細はこちら
http://shopap.lenovo.com/jp/Landing_pages/info/10/m90z

・マイク (サンワサプライ MM-MCUSB16)
MM-MCUSB16の詳細はこちら
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=MM-MCUSB16
※オプション提供:YAMAHA PJP-20UR
PJP-20URの詳細はこちら
http://www.yamaha.co.jp/projectphone/products/20ur/


【V-CUBEミーティング】
・専用アプリをプリインストール。
・V-CUBE センターの管理者は、自分が管理する会議室に参加者を招待することが可能。
・初期費用および2年間の利用料をバンドル。
 
●価格:オープン価格(詳細はお問い合わせください。)
 
※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。
 
以上
 
 
 
【国内Web会議市場シェアNo.1(※)のブイキューブ 『V-CUBE』 とは】
『V-CUBE』は、ブイキューブが自社開発・販売・保守・運営を行うビジュアルコミュニケーションサービス。n対n、1対n、1対1形態のリアルタイム コミュニケーションと、オンデマンド配信をインターネット(一部携帯電話)上で実現。n対n、1対n、1対1コミュニケーション形態を網羅し、「いつでも、どこでも、だれでも」簡単に利用できることが最大の特長です。
 
ラインナップには、Web会議用「V-CUBEミーティング」、ウェビナー用で10,000拠点への同時配信も行える「V-CUBEセミナー」、1対1のコミュニケーションを実現する「V-CUBEセールス&サポート」、企業・商品紹介をオンデマンドで行う「V-CUBEビデオ」、そしてそれらのコンテンツを管理する「V-CUBE ポータル」があります。
 
市販のWebカメラとヘッドセット、そしてインターネット環境さえあれば、世界中どこにいても利用可能。インストールや難しい設定は不要で、周辺機器の調達など導入に必要な手間も一切かかりませんので、誰でも簡単に使用できます。ホワイトボードや資料ファイルの共有、会議内容の録音・録画などの多機能と、乱れのない音声、万全のセキュリティといった高品質を兼ね備えています。導入後も24時間365日フルサポートし、操作説明会も開催しているので利用者にも導入決定者にも安心です。ネット技術をフル活用し、まるでお互いがその場にいるようなリアルなコミュニケーションを実現します。
 
最近では、世界的不況から、移動交通費などの経費削減が企業の重要課題となり、Web会議システムの注目度が高まり、市場拡大とともに、当社サービスの利用も順調に伸びています。
 
(※)株式会社シードプランニング 『テレビ会議/Web会議の最新市場動向 2010』による。
 
【株式会社ブイキューブ 会社概要】
・商号:株式会社ブイキューブ(V-cube, Inc.)
・所在地:東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー20F
・代表者:間下 直晃(ました なおあき)
・創業:1998年10月
・資本金:428,888,000円 (2010年4月12日現在)
・事業内容:  ビジュアルコミュニケーションツールの開発・販売
     企業・教育機関などへのビジュアルコミュニケーションサービスの構築・提供
・URL: http://www.vcube.co.jp/  (コーポレートサイト)
    http://www.nice2meet.us/ (『V-CUBE』サービス紹介サイト)
    http://テレビ会議.jp/ (V-CUBEを使ったソリューション紹介サイト)
 
 
 
【報道関係のお問合せ先】
株式会社ブイキューブ ソリューション本部 広報・マーケティンググループ 担当:大坪・和田
TEL:03-5768-3308 / FAX:03-5501-9676 /  E-mail:release@pj.vcube.co.jp
 
【当社サービス及び『V-CUBE』についての一般からのお問合せ先】
株式会社ブイキューブ TEL:03-5768-3307 FAX:03-5501-9676
『V-CUBE』サービス紹介サイトからもお問合わせいただけます:http://www.nice2meet.us/

先頭へ戻る