Web会議・テレビ会議などのクラウドサービスはV-CUBE

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

ブイキューブとコクヨS&Tが Web会議システムとフルHD対応テレビ会議の販売で連携

2010.11.17

 

ブイキューブとコクヨS&Tが

Web 会議システムと フルHD対応テレビ会議の販売で連携
 
 ASP/SaaS型のWeb会議サービスで国内シェア1位(※1)の株式会社ブイキューブ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:間下直晃、以下ブイキューブ)とフルハイビジョン対応のテレビ会議システム「meetima XVDコミュニケーションシステム」を手がけるコクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、2010年12月から両社のシステム及びサービスを相互に販売を開始することに合意しました。

PDFで開くこのリリースをPDFで開く


 ブイキューブは、フルハイビジョンクラスの高画質を要望するユーザー企業に対して「meetima XVDコミュニケーションシステム」の販売を行い、コクヨS&Tは、充実した資料共有機能やパソコンなどからの遠隔会議への参加を望むユーザー企業に対しブイキューブが展開するASP/SaaS型のWeb会議システム(※2)を販売します。

 
 これに伴い、ブイキューブが提供するWeb会議システム「V-CUBE」と、フルハイビジョン対応テレビ会議システム「meetima XVDコミュニケーションシステム」を組み合わせて、クラウド対応型会議サービスとしてユーザー企業へ提案していきます。「meetima XVDコミュニケーションシステム」で開催されるテレビ会議の様子を「V-CUBE ミーティング」で映像音声中継することで専用端末を持たない相手先や外出・出張中のメンバーでもパソコンやスマートフォン(※3)から自在に会議への参加が可能になります。また、操作・閲覧性に優れるiPadを使った資料共有にも対応します。
 
 今後、ブイキューブとコクヨS&Tは、Web会議システム「V-CUBE」とテレビ会議システム「meetima XVDコミュニケーションシステム」を連携させたクラウド環境による遠隔コミュニケーションのソリューション開発を進めていく予定です。なお、ブイキューブはこの度の連携により、2011年度の導入社数の目標を100社と見込んでいます。
 
■ テレビ会議×Web会議によるクラウド対応型サービスのユーザーメリット
 
(1) コラボレーション機会の増加
 
→テレビ会議とWeb会議を組み合わせて運用することで、遠隔地からもパソコンやスマートフォンで会議への参加が可能となります。自席からの参加や、社外の取引先を招待することも容易です。
 
(2) 効率的な遠隔コミュニケーション環境の構築
 
→多人数が参加するメイン拠点に高画質で臨場感の伝わるテレビ会議、サブ拠点や外出者には手軽に参加できるWeb会議といった環境に合わせた導入を選択できます。
 
(3) 広がる利用シーン
 
→企業会議の壁を超え、社内外研修、遠隔授業、学術研究会などのさまざまなコミュニケーション分野での利用が期待されます。
 
20101116release.jpg
                  V-CUBEセンター(※4)
 
 
<ご参考>
 
※1 株式会社シードプランニング 『テレビ会議/Web会議の最新市場動向 2010』による。
 
※2 最大100拠点までの同時接続に対応する「V-CUBE ミーティング」のほか、10,000拠点の双方向配信に対応できる「V-CUBE セミナー」、1to1コミュニケーションに特化した「V-CUBE セールス&サポート」など豊富なサービスを提供。
 
※3 iPhone、Android端末などのスマートフォンから遠隔会議に参加が可能に。電話連携オプションを付加すれば携帯電話通話エリアからの参加できます。iPadに関しては、音声・映像のやりとりは行えず資料共有のみとなります。
 
※4 タッチパネル型23インチ液晶搭載パソコンに「V-CUBE ミーティング」2年サービスをセットしたWeb会議専用機「V-CUBE センター」(2010年12月発売)。周辺機器のセットを必要とせず、インターネット回線を接続するだけですぐに利用できる点を特長とする。
「V-CUBE センター」の詳細:製品特設サイトhttp://www.vcube.co.jp/をご参照下さい。
 
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。
 
 
株式会社ブイキューブについて
 
1998年設立。「いつでも、どこでも、だれでも」使えるビジュアルコミュニケーションサービスを開発、提供。Web会議のASP市場で3年連続シェア1位、1,500社以上の導入を手がける。2010年5月17日よりサービスのブランドを、従来の『nice to meet you』から、『V-CUBE』に変更。ブイキューブの詳細については企業サイトhttp://www.vcube.co.jp/ をご参照下さい。
・代表者:間下 直晃(ました なおあき)
・創業:1998年10月
・資本金:428,888,000円 (2010年4月12日現在)
・URL:http://www.vcube.co.jp/  (コーポレートサイト)
http://www.nice2meet.us/  (『V-CUBE』サービス紹介サイト)
http://テレビ会議.jp/  (V-CUBEを使ったソリューション紹介サイト)
 
 
『V-CUBE』サービスについて
 
『V-CUBE』は、ブイキューブが自社開発・販売・保守・運営を行うビジュアルコミュニケーションサービス。n対n、1対n、1対1形態のリアルタイム コミュニケーションと、オンデマンド配信をインターネット(一部携帯電話)上で実現。n対n、1対n、1対1コミュニケーション形態を網羅し、「いつでも、どこでも、だれでも」簡単に利用できることが最大の特長。『V-CUBE』サービスの詳細についてはhttp://www.nice2meet.us/をご参照下さい。
・金額  iPad資料共有ご利用料金 月額35,000円〜
 
 
コクヨS&T株式会社について
 
コクヨS&T株式会社は、コクヨ株式会社の「分社・持株会社」への移行に伴い、平成16年10月に発足しました。コクヨ株式会社は明治38年の創業以来、文房具・事務用品の総合メーカーとしてさまざまなお客様に快適なオフィス支援サービスを提供しています。快適で能率の高いワークスタイルを常に考える中で、平成21年より遠隔会議「meetima XVDコミュニケーションシステム」の提供を開始しました。コクヨS&T株式会社の詳細については企業サイトhttp://www.kokuyo-st.co.jp/ をご参照下さい。
 
 
 
「meetima XVDコミュニケーションシステム」について
 
コクヨS&Tが2009年10月から製造販売をてがけるフルハイビジョン対応テレビ会議システム。映像高圧縮技術XVD(※注)によって、わずか1Mbpsの通信帯域でフルハイビジョン(1,920×1,080画素)映像を伝送できるため、一般光インターネット回線でのローコストオペレーションができる点を特長としています。
メーカー希望小売価格(消費税込)は「meetima XVDコミュニケーションボックス」が1,260,000円。フルハイビジョン対応カメラやフルハイビジョン対応ディスプレイ、音響機器を含む推奨構成の参考価格は1拠点で約1,900,000円。2010年12月から2011年11月の売上目標5億円と見込んでおります。
 
※注: XVD Technology Holdings社が開発した、ブロックノイズといわれる映像破綻を発生しにくい等の特徴を備える映像高圧縮技術
 
 
以上
 
 
■本件に関するお客様からのお問合せ先
株式会社ブイキューブ ソリューション本部 サービス企画グループ (山下)
TEL:03-5768-3308 Email : vsupport@vcube.co.jp
コクヨお客様相談室 0120-9201594
コクヨホームページ http://www.kokuyo-st.co.jp/
 
 
■本件に関する報道関係からのお問合わせ先
 株式会社ブイキューブ ソリューション本部 広報・マーケティンググループ(和田、岡見)
TEL:03-5768-3308Email : release@pj.vcube.co.jp
 
コクヨグループ広報担当(東京) TEL:03-3473-6324 (平岩、海老澤)
コクヨグループ広報担当(大阪) TEL:06-6976-1277 (竹房、佐々木、辻倉)
 

先頭へ戻る