テレワークで日本を変える|Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブ

テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

ブイキューブ、幕張メッセに「テレキューブ」を設置

2019.06.14

ブイキューブ、幕張メッセに「テレキューブ」を設置

株式会社ブイキューブ(本社:東京都港区、代表取締役社長:間下直晃、以下ブイキューブ)は、株式会社幕張メッセ(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:藤野達夫)が運営する日本最大級のコンベンション施設「幕張メッセ」の国際会議場に、2019年6月17日(月)より、テレワークのためのコミュニケーションブース「テレキューブ」を5台設置することを発表いたします。

幕張メッセでは、年間約900件前後のイベントが開催されていますが、出展者、来場者ともに、イベント期間中も顧客や関係者との電話やメールでの連絡、資料作成などのイベント外の仕事にも対応していることが多くあります。しかし、多くの人が往来する会場内は、電話やメール等の作業に集中して取り組む個人が作業できるスペースが限られており、加えて会場外に出掛けることも容易ではないことから、通路の隅などに場所を求めて困っている人が多くいるという課題がありました。「テレキューブ」は防音性が高く、セキュリティが保たれた静かな環境を実現できることから、この課題を解消し、周囲の人に聞かれることなく電話やWeb会議などのコミュニケーションをしたり、隙間時間に集中して仕事をしたりできるスペースとしての活用が予定されています。年間来場者数が約700万人を超える幕張メッセで多くの人に利用いただくことを通じて、生産性の向上、働き方改革の推進に貢献してまいります。

p20190614_1530_03
p20190614_1530_04

<幕張メッセに設置される「テレキューブ」の様子(左:国際会議場1階、右:国際会議場2階)>

国際会議場1階設置場所
幕張メッセ国際会議場1階での設置場所
国際会議場2階設置場所
幕張メッセ国際会議場2階での設置場所

【テレキューブ提供の背景】
2019年4月から新たに施行された働き方改革関連法を受けて、働く人たちの生産性を向上させる多様なワークスタイルのあり方が求められています。特に、時間や場所に柔軟性を持って働けるテレワークの活用は、働き方改革に最も有効な手段のひとつとして注目が高まっています。しかし、テレワークに利用されることの多いカフェやサテライトオフィスといった空間は、セキュリティの面で課題があります。秘匿性のある情報を取り扱いながらの資料作成や電話などに適しておらず、隙間時間の有効活用を実現するテレワークをするための理想的な場所が不足しているのが現状です。

こうした課題に対してブイキューブでは、企業内オフィススペースに加えて、オフィスビルなど多くの人に使っていただきやすい場への「テレキューブ」提供を通して、移動の隙間時間を有効活用し、従来のテレワークより更に「いつでも」「どこでも」を叶えた働き方の実現を目指しています。防音性が高く十分にプライバシーが確保された環境を提供する「テレキューブ」は、秘匿性の高い情報を取り扱いながらの業務やコミュニケーションに適しています。加えて、カフェやサテライトオフィス、公共空間などの利便性の高い場所に設置されることで、往訪の前後の待ち時間といった隙間時間に社内との打ち合わせや会議に電話やWeb会議で出席することが可能となります。

ブイキューブは幕張メッセと共同で、誰もが利用できる、静かでセキュリティの高い空間の提供を通して、来場される働く人々の生産性向上と多様なワークスタイルの実現を目指します。

テレキューブ
テレキューブ

【テレキューブとは】
あらゆる場所に設置できる、防音型のスマートボックスです。内部にはテーブルとイスが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務や、電話、ウェブ会議などでのコミュニケーションが可能です。オフィスなどの屋内はもちろんのこと、公共空間、駅の構内などに設置することが可能です。

■防音性能:天井密閉型

■外  寸:幅1,200mm×奥行1,200mm×高さ2,315mm

■換気機能:天井部に空気孔とファン

■電 源 等:コンセント×1、USBコネクタ×1

■入室管理:筐体入口にQRコードを表示し、利用者が所持するスマートフォン(QRコード)で開錠

【幕張メッセでのテレキューブ設置について】

■設置期間:2019年6月〜2020年5月

■設置場所・台数:国際会議場1階ラウンジ内:3台、国際会議場2階エレベーターホール:2台

■利用方法:1.法人・個人単位で専用ウェブページで利用登録
2.スマートフォンやパソコンからオンライン予約又は現地での即時利用
3.スマートフォン(QRコード)で開錠して利用
4.利用後、退室 ※利用時間に応じて課金

■利用時間:9:00〜18:00(イベント開催状況による)

■利用時間:15分 ¥250

■決済方法:法人宛一括請求、又は個人宛クレジットカードによる請求

テレキューブの詳細は、こちらからもご確認いただけます。
https://telecube.jp

【ブイキューブとは】
株式会社ブイキューブは「Evenな社会の実現」というミッションを掲げ、「いつでも」「どこでも」コミュニケーションが取れる環境を整備することで、時間や距離の制約によって起こる様々な機会の不平等の解消に取り組んでいます。株式会社シード・プランニングから発行された『2019 ビデオ会議/Web会議の最新市場とクラウドビデオコミュニケーションの現状』において、国内Web会議市場12年連続シェアNo.1を獲得しています。Web会議やテレビ会議、Webセミナーによって働き方改革の実現と、教育や医療などライフスタイルも革新していくことを目指しています。

会社概要
商号 : 株式会社ブイキューブ(V-cube, Inc.)
URL : https://jp.vcube.com/

【報道関係のお問い合わせ先】
株式会社ブイキューブ  社長室 広報担当
TEL : 03-5475-7250    FAX : 03-6866-5601    E-mail : release@pj.vcube.co.jp

先頭へ戻る