テレワークで日本を変える|テレビ会議(TV会議)・Web会議・電話会議のブイキューブ

新規導入のご相談(平日10:00〜18:00) 0570-03-2121
操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポート

エプソン販売株式会社 様

サービスパートナー企業へのメンテナンス研修を
「スマートグラス+遠隔会議システム」へと刷新

エプソン販売株式会社 様

■設立
1983年

■事業内容
情報関連機器販売、メンテナンス

セイコーエプソン株式会社100%出資会社として、エプソンブランドの製品を中心に販売、マーケティングなどを行う。新宿の本社のほか、全国に9つの支店、20の営業所を展開している。

事例PDFをダウンロードする

全国各地からパートナーを集めていたハンズオン研修をスマートグラスを活用して遠隔化

エプソンブランドの情報機器の販売を手掛けるエプソン販売では、メンテナンスは全国各地のサービスパートナー企業に委託しているため、新製品や主力製品を中心とした機器のメンテナンスに関する研修を、東京都日野市の事業所にてハンズオンによる集合研修として実施していた。
しかし、参加者がサービスパートナー企業の一部に限られるなどの課題を解消するために、ビジュアルコラボレーションツール「xSync Prime Collaboration」を活用した遠隔研修に切り替えた。

ハンズオンの研修における課題

出張が必要なため参加者は一部に限定

全国各地から日野事業所に集まるには2日にわたる出張となることもあるため、参加者はサポートパートナー企業の代表者に限られてしまう。

スキルの高い人材の拘束で現場にしわ寄せ

選抜されて研修に参加するスタッフは、サービスパートナー企業にとっては主力人材であることが多いため、研修で不在になると現場のシフトにも影響が生じる。

開催頻度が限られるので対象製品が限定される

頻繁に研修を開催できないため、研修で取り上げる機器は新製品などに偏らざるを得ず、幅広い機器をカバーできない。

xSync Prime Collaborationでこう解決!

自社拠点にいながら出席できるので 全員が研修を受けることが可能に

自社拠点にいながら出席できるので 全員が研修を受けることが可能に

遠隔での研修になったことで出張が不要になり、サービスパートナー企業のオフィスにメンバーを集めて、プロジェクタの大画面を見ながら研修に参加。

従来は、研修に参加した代表者が各社に戻り、他のスタッフに研修内容を伝えていたが、全員が同時に参加して、講師側の技術を共有できることから、効率的に周知できるだけでなく、技術力の底上げにもつながる。

メンテナンスの現場に与える影響は最小限に

メンテナンスの現場に与える影響は最小限に

研修の開催時間を、メンテナンス業務が終了している夕方以降に設定するなど、自由度が高まったため、現場の人的リソースへの負荷も低減。

スキルの高い人材を丸1日拘束する必要がなく、他の出席者にとっても、通常業務の終了後であれば参加しやすくなるため、日々の業務に影響を与えずに研修を実施できる。

現場から要望の高い 旧機種を対象とした研修も可能に

現場から要望の高い旧機種を対象とした研修も可能に

新製品だけでなく、広く利用されている旧製品など、メンテナンスの現場で対応する機会が多い機器を対象とした研修も実施できるようになった。

現場からの要望があれば、特別な準備をせずにすぐに研修を遠隔で行えるため、開催頻度もアップし、幅広い機種に対する研修を開催できるようになった。

xSync Prime Collaboration選定のポイントは?

サービスパートナー企業側でも簡単に使える操作性であるか?

多数のサービスパートナー企業に展開するため、特別な説明をせずに簡単に利用できる製品であること。

  • 遠隔会議の専用操作を極限まで少なくした操作インターフェイスで、ワンタッチでの接続が可能
  • 直感的な操作で、誰でも遠隔の研修に参加できる

スマートグラスの映像がクリアに表示されるか?

ねじや基盤の端子など、微細な部分までくっきりと映像で共有できること。

  • 業界最高水準の圧縮処理により 質感まで伝わる高画質表示
  • 映像だけでなく、音質も電話の4倍と高品質

資料共有がスムーズにできる機能を備えているか?

研修用に作成した資料をリアルタイムで共有できること。

  • 3D CADなどの大容量の資料でもスムーズに表示して、ストレスなく共有

お客様の声:スマートグラスとの組み合わせで新しい形の研修を実現

スマートグラスとの組み合わせで新しい形の研修を実現

従来の研修は、ハンズオンかeラーニングの2択でした。ハンズオンの場合、日野事業所に集まってもらう必要がありますが、東京駅から1時間ほどかかる距離でもあり、研修のための移動時間やコストも、サービスパートナー企業にとっては大きな負担となっていました。

動画によるeラーニングも実施していましたが、「そこを注意して!」といった対話が成り立ちません。そこで検討したのがWeb会議でした。

講師役がスマートグラスをかけ、手元の作業を遠隔で見せながらポイントを説明できるようにするほか、研修に参加しているサービスパートナー企業による実技研修もスマートグラスで講師側に映像を送ってもらい、遠隔でチェックするという研修スタイルを考えました。

いくつかのWeb会議を試してみましたが、スマートグラスの映像のピントが甘いものなども多く、クリアに映像が共有できるという点でxSync Prime Collaborationを選定しました。

エプソン販売株式会社 技術サポート 1部 インフラサービス・本社 藤園英秋 氏

「スマートグラス+パソコン+モバイルルータ+教育機材」を教育用キットとして、サービスパートナー企業に送り、研修を行っていますが、移動などの負担がなくなったことはサービスパートナー企業にとっても大きなメリットになっています。サービスパートナー企業側からも自社内での研修のために、教育用のキットを活用したいという声も上がってきています。

今後は、メンテナンスの現場となるお客様先で、「こんな紙詰まり状態になっている」という映像をスマートグラスからxSync Prime Collaborationで共有し、リアルタイムで指示を出す…といった新しい活用法も模索しています。

エプソン販売株式会社 技術サポート 1部 インフラサービス・本社 藤園英秋 氏

エプソン販売株式会社における
「スマートグラス+xSync Prime Collaboration」の活用法

エプソン販売が販売した複合機やプリンタなどのメンテナンスは、全国各地のサービスパートナー企業が行っている。従来、東京都日野市の事業所にサービスパートナー企業の代表者を集めハンズオンによる集合研修を実施していたが、スマートグラスを活用した遠隔会議化したことで、移動にかかるコスト削減が実現できただけでなく、代表者以外が研修に参加できたり、研修の開催頻度が上がるなどの効果が生まれている 。

エプソン販売株式会社における 「スマートグラス+xSync Prime Collaboration」の活用法

エプソン販売がxSync Prime Collaborationと組み合わせているスマートグラス

エプソン販売がxSync Prime Collaborationと組み合わせているスマートグラス

【製品名】BT-300
【価格】オープンプライス
【ディスプレイ方式】シリコンOLED(有機EL)
【解像度】1280×720ドット(HD)
【OS】Android™ 5.1搭載 ※Androidは、Google Inc.の商標です
【質量】ヘッドセット部 69g(ケーブル・シェード除く)、コントローラ部 129g

資料請求・無料体験に
関するお問い合わせ

0570-03-2121

新規お問い合わせ(平日10:00〜18:00)

社名
エプソン販売株式会社 様
URL
http://www.epson.jp/company/esj/
住所
東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー29階

先頭へ戻る